【J1展望】大宮×FC東京|苦戦する両チーム。勝利を手にして上昇気流を掴むのは…

【J1展望】大宮×FC東京|苦戦する両チーム。勝利を手にして上昇気流を掴むのは…


J1リーグ第21節
大宮アルディージャ –  FC東京
8月9日(水)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
今季成績(20節終了時):16位 勝点16 4勝4分12敗 19得点・37失点
 
【最新チーム事情】
●さいたまダービーのドローはポジティブに受け止められている。
●試合中のシステム変更は今後も行なわれる可能性あり。
 
【担当記者の視点】
 前節、浦和との“さいたまダービー”は2-2のドロー。追い付いての勝点獲得だっただけに、チームのムードは悪くない。ただ、リーグ戦では16節・広島戦で勝点3を得てから依然として未勝利の試合が続く。複数失点も止まっていないだけに、真摯に現状と向き合わなければならない。
 
 基本となる4-1-4-1に加え、試合中に5-3-2や4-4-2にシステムを変化させており、引き出しの数は確実に増えている。夏場の連戦では展開に合わせる柔軟性も求められるだけに、相手に合わせて戦い方を変えられるのは武器になるはず。今節・FC東京戦では的確に相手の弱みを突いて得点を重ねたい。
J1リーグ第21節
大宮アルディージャ –  FC東京
8月9日(水)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
FC東京
今季成績(20節終了時):11位 勝点27 7勝6分7敗 26得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●前節は川崎と1−1のドロー。
●負傷離脱していた大久保嘉がその川崎戦で途中出場。
●中島にテネリフェへの、河野に鳥栖への移籍の噂。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦で6試合続けて勝ち星なしと元気がない。直近の川崎戦も中島のゴールで先制しながら終了間際の89分に追いつかれるという悔やまれる展開だった。
 
 とはいえ、新機軸になりそうな3-1-4-2はまずまず機能しており、浮上する気配がないわけではない。下位に沈む大宮からきっちりと白星を掴み、今後の戦いにつなげたいところだ。ただ、仮に負けるような事態になると……。篠田監督の進退問題に発展する可能性もありそうだ。

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索