【J1採点&寸評】仙台×磐田|再三の好機を逃した磐田。身体を張って奮闘した仙台の増嶋をMOMに

【J1採点&寸評】仙台×磐田|再三の好機を逃した磐田。身体を張って奮闘した仙台の増嶋をMOMに


【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
守備に追われる時間帯が長くなり、決定機は少なかった。ただ、守備陣が踏ん張って7試合ぶりの無失点で終えられたのは好材料と言える。
 
【仙台|採点・寸評】
GK
1 シュミットダニエル 6.5
相手のシュートを数多く受ける展開だったが、判断に迷いがなく、確実なシュートストップと的確な飛び出しで無失点に抑えることに成功した。
 
DF
4 蜂須賀孝治 5.5(84分OUT)
持ち味のクロスボールも本数が少なく、宮崎、荒木とのマッチアップで苦戦を強いられ、ピンチを招く場面も多かった。
 
27 大岩一貴 6
自陣のゴール前で相手の攻撃を撥ね返す時間が長かったが、落ち着いて対応。時には前へ出て行こうとするなど、攻撃面で貢献しようとする姿勢は見せた。
 
13 平岡康裕 6
前半は相手FW陣のパワーに押され、ファウルする場面もあったが、後半は修正。セーフティファーストに努めた。
 
50 増嶋竜也 6.5
MAN OF THE MATCH
ボールホルダーへタイトなマークで無失点に大きく貢献。コーナーキックからの決定機2回のどちらかは決めたかったが、3試合ぶり先発出場で気持ちの入ったプレーぶりだった。
 
MF
17 富田晋伍 6
特長である力強いボール奪取が再三見られた。相手の決定機で身体を張り、守勢に回る時間が長いなかよく奮闘した。
 
18 三田啓貴 5.5
守備対応で後手に回る場面が多く、セカンドボールもなかなか拾えなかった。攻撃でもプレースキック以外で決定機を作り出すことができなかった。
 
10 梁勇基 5.5(67分OUT)
守備では大いに奮闘し、後半開始早々コーナーキックからあわやという決定機も作ったが、流れのなかからは決定機を作り出すことはできなかった。
 
23 中野嘉大 5.5
ボールを受ける位置がゴールから遠いこともあり、決定機を作れなかった。もっとドリブルで前を向いて仕掛ける場面を作り出したい。
 
FW
28 佐々木匠 5(HT OUT)
攻撃の起爆剤として期待されるも、パスを呼び込む動きが不足し、ボールがなかなか回ってこなかった。相手守備陣の厳しいマークも破れず、前半で交代もやむなしの内容。
 
20 クリスラン 5.5
ポストプレーでボールがおさまらない課題は相変わらずだが、それでも前を向くと相手の脅威となり、試合終盤決定機を作った。シュートは惜しくもカミンスキーのファインセーブに阻まれた。
 
交代出場
FW
30 西村拓真 5.5(HT IN)
後半開始から出場。出場直後は良いポジション取りで攻撃に推進力を与えていたが、徐々に磐田守備陣に対応され、ピッチでの存在感が薄れていった。
 
MF
7 奥埜博亮 5.5(67分 IN)
途中出場後、できるだけ高い位置でボールを奪おうとはしていたが、結果的に守備に終われる時間が長くなり、決定機には絡めなかった。
 
29 古林将太 −(84分 IN)
短い時間のなかで、クロスボールなど攻撃面で貢献しようと奮闘したが、決定機は作り出せなかった。もう少し周囲との連係を高める必要がある。
 
監督
渡邉 晋 5.5
相手のプレッシャーをまともに受けてしまい、攻撃で前に出られない展開を変えることができなかった。ただ、久々の無失点で勝点1を取れたのは、中断期間での守備の修正が実を結んだとも言える。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
磐田 5.5
終始優位に試合を進めてはいたが、シュートやラストパスの精度を欠き、8試合ぶりの無得点に終わった。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 6
試合終盤、クリスランのシュートをゴールラインギリギリで止めるファインセーブを見せ、無失点で終えた。ロングキックの精度を欠いた。
 
DF
3 大井健太郎 6
仙台の決定機自体が少なかったこともあり、余裕を持った守備対応で大きなミスも見られなかった。
 
5 櫻内 渚 5.5
対面の中野、佐々木、西村といった攻撃陣を封殺し、無失点に貢献したが、もう少し前に出て攻撃に絡める時間帯も作りたかった。
 
35 森下 俊 6
クリスランの対処に苦慮した場面もあったが、粘り強くマークについてゴールを許さなかった。
 
41 高橋祥平 6.5
相手のシャドーストライカーを早めにつぶし、対面の佐々木や西村に仕事をさせなかった。攻撃参加して決定機にも絡んだ。
 
MF
8 ムサエフ 5.5
身体の強さを生かしたボール奪取や、セカンドボールへの反応など、守備面での貢献は大きかったが、攻撃にはほとんど絡んでこなかった。
 
10 中村俊輔 6(90+2分OUT)
プレースキックで再三決定機を作り、ボランチの位置まで下がってのゲームメイクや、ミドルシュートなど見せ場はあったが、いずれもゴールに結びつかなかった。
13 宮崎智彦 6(72分OUT)
クロスやミドルシュートで多くの決定機に絡んだが、惜しくもゴールを生み出すことができず、後半途中に交代。
 
15 アダイウトン 6(82分OUT)
前からのプレッシャーとパワフルなドリブル突破で決定機も作ったが、後半はやや運動量が落ちた。前半終了間際のシュートは決めておきたかった。
 
40 川辺 駿 6.5
ゴールを生み出すことこそできなかったが、相手守備陣の間のスペースへ入り込み、多くの決定機に絡み、好調ぶりを見せつけた。
 
FW
20 川又堅碁 5.5
前線で身体を張ってボールを収め、相手DFに脅威は与えてはいたが、シュート1本に終わり、決定機にあまり絡めなかった。
 
交代出場
MF
27 荒木大吾 5.5(72分IN)
スピードに乗ったドリブルで相手の脅威にはなったが、ペナルティエリア内でのプレー精度をもう少し上げたい。
 
11 松浦拓弥 −(82分IN)
出場時間が短く、自慢のドリブルを生かして決定機を作り出したり、攻撃のリズムを変えたりすることはできなかった。
 
14 松本昌也 −(90+2分IN)
ごくわずかな出場時間に絶好のゴールチャンスがやってきたが、シュートを決めきることができなかった。
 
監督
名波 浩 5.5
前節の敗戦からうまく切り替え、相手にプレッシャーをかけ続けて優勢に試合を運ばせることはできたが、攻撃のリズムを変えられず、得点を生み出すことができなかった。
 
取材・文:小林健志(フリーライター)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索