【シャペコエンセ連載・復興への軌跡】第5回「シャペコ市民とファンのサポート」

【シャペコエンセ連載・復興への軌跡】第5回「シャペコ市民とファンのサポート」


 2016年11月28日に起きた事件を、覚えている方は多いはずだ。ブラジルの1部リーグに所属するクラブ、シャペコエンセの一行を乗せた飛行機が墜落し、多くの尊い命が犠牲となったあの大事件だ。
 
 あれから、およそ9か月が経った。クラブ存続の危機に直面したシャペコエンセはしかし、着実に復興へと進んでいる。そして8月15日には、コパ・スダメリカーナ王者として臨むスルガ銀行チャンピオンシップで、浦和レッズと対戦する予定だ。
 
 シャペコエンセの来日を記念してお届けするのは、現地在住のサッカージャーナリスト、沢田啓明氏が飛行機事故からの歩みを追ったドキュメンタリー連載だ。第5回は、市民とサポーターがテーマ。あの事故以来、彼らのクラブ愛はさらに大きくなったという。
 
――――――――――――◆――――――◆――――――――――――
 
 過去4回の連載では、飛行機墜落事故の顛末、クラブの歴史と再建への歩み、チームの現状と未来、近年の快進撃とそれが可能になった理由などに触れてきた。今回の主役は、市民、そしてサポーターだ。彼らがクラブのことをどう考え、今後どう支援しようとしているのかをお伝えしたい。
 
 筆者が初めてシャペコを訪れたのは、昨年の事故の翌日だった。選手たちの遺体がコロンビアから搬送され、合同葬がホームスタジアムで執り行なわれると知り、その模様を取材しようと考えたのである。
 
 シャペコは人口21万人の商工業都市で、南北に貫く大通りが街の中心だ。通り沿いには商店が軒を連ね、すべての店が犠牲者を追悼する装飾を施していた。その中で、天井から選手のユニホーム(のように見えたが、実際は発泡スチロールで作った模造品)をいくつも吊るしている、洒落た店構えのギフト店が目に留まった。
 
 店内に入ってみると、50代後半くらいのエレガントなイタリア系の女性が応対してくれた。その女性、オーナーのセリッタさんは数十年来のシャペコエンセのファンで、夫と共にホームゲームは欠かさず観戦しており、事故で亡くなった選手、クラブ関係者の多くと面識があった。
 
 とくにコパ・スダメリカーナをはじめとする昨シーズンの試合の数々で奇跡的なセーブを連発したGKダニーロの大ファンで、彼が店に買い物に来てくれたときに撮った2ショット写真を見せてくれた。画像に写る彼女の弾けるような笑顔と、その写真を差し出すときの沈鬱な表情のコントラストに、この街の人々がどれだけ選手たちに親しみを抱いていたか、彼らを突然失いどれほどのショックを受けているかを痛感した。クラブの歴史にも詳しいようで、彼女には色々とレクチャーしてもらった。
 
 以来、シャペコを訪れる度に店に赴き、ひとしきり話をするのが習慣だ。やがて親しい友人とのホームパーティーにも招いてくれるようになった。
 
 最近交わしたのは、こんな会話だ。「事故から半年経ったけど、今でもまだ私の中では消化できていないの。事故の直後は、あまりに悲しくて涙も出なかった。1週間くらいしてから、今度は毎日泣いていたわ」
 
 この先、どうやってクラブとチームをサポートするつもりなのだろうか?
 
「クラブとチームが復興していく過程を見守り、これまでと同様、スタジアムで精一杯応援する。私たちにできるのは、それしかないと思うの」
 
 セリッタさんの友人に、以前、サポーターグループの幹部をしていた陽気な好漢がいる。彼の5歳の息子は、なんとチームのマスコットボーイらしい。アレッサンドロ、42歳。本職はアパレル関係で、自宅はシャペコエンセのホームスタジアムの真ん前にあるという。
 
「生まれてこのかた、常にスタジアムのすぐそばに住んでいる。離れられないんだ」
 
 そう言って微笑んだ。
 
 1990年代中頃、友人と共に「ラッサ・ヴェルジ」(緑のガッツ)というサポーターグループを設立。数十人のメンバーとアウェーゲームを含む全試合をスタンドから応援した。10年ほどでグループは解散したが「俺の人生は、常にシャペコエンセと共にある」と語る筋金入りのサポーターだ。
 
 妻のマリアさんは、アレッサンドロと交際するまではサッカーに全く興味がなかった。だが、「彼の病気が伝染して」熱烈なサポーターの仲間入り。7年前に結婚し、長男カルリーニョスくんが生まれると、一家3人で試合観戦に出かけるようになった。
 
 あるとき、アレッサンドロは旅先でインディオが頭に被る羽根飾りを見つけた。クラブのシンボルがインディオなので、「試合で応援するときに身につけよう」と思って購入。家で息子に被らせてみたら、とても良く似合う。そこで、スタンドでもその格好で応援させていたら話題になり、クラブ関係者から「マスコットボーイになってほしい」と頼まれた。
 
 もちろん快諾。試合前に選手と一緒に入場し、ハーフタイムにもピッチに出てきて観衆に愛嬌を振りまく。いまやシャペコの街で知らない人がいない有名人だ。「息子がマスコットボーイをしているのは、父親として本当に誇らしい。シャペコのことを、もっと多くの人に知ってもらいたい」と微笑む。
 
 だが、「事故を経て、今後、シャペコエンセをどうサポートするつもりか」と尋ねると、表情が一変した。
 
「俺も妻も息子も、亡くなった選手、監督、コーチ、役員たち全員と知り合いだった。彼らがもうこの世にいないことが、今でもまだ信じなれない。とくに息子は、いつも可愛がってくれた選手たちが死んでしまって、大きなショックを受けている」
 
 そして、こう締め括った。
 
「あの事故によって、クラブへの愛情は一層強くなった。監督、選手たちはクラブのために命を捧げた。俺たちもずっと命賭けでサポートする」
 
 シャペコエンセには、サポーターグループが4つある。このうち最大のグループが「トルシーダ・ジョーベン」(ヤング・サポーターズ)だ。メンバーは約250人、若い労働者や昼間働きながら夜間大学へ通う者が多い。最も熱狂的で、最も過激な集団である。事故直後、多くの者が仕事や学校そっちのけでスタジアムに集まり、敷地の一角で寝泊りしながら、昼間はクラブ応援歌を合唱し、チャントを絶叫してサポートした。
 
 なぜそこまでやるのか?
 
「シャペが俺たちそのものだからだ。ずっと全力でサポートしてきたけど、事故で亡くなった人々に恥じないよう、これまで以上に渾身の応援を続ける」

 代表を務めるフェルナンドは、そう答えて顔を引き締めた。
 
 彼ら以外の多くの市民、サポーターからも話を聞いたが、「悲劇的な事故によって、クラブ愛がさらに深まった。今後、何があろうとクラブを応援しつづける」という気持ちは、全員に共通していた。
 
 5月初旬、シャペコエンセはサンタカタリーナ州リーグの決勝(前期と後期の優勝チームがホーム&アウェーで戦う)で宿敵アバイと対戦した。ともに敵地で1-0の勝利を収め、トータルスコアは1-1。その結果、前後期の通算成績で上回ったシャペコエンセが、2年連続6度目の優勝を果たした。事故後、初めて獲得したタイトルとあって、市内の目抜き通りは車が通過するたびにクラクションが鳴り響き、沿道では人々が大きなクラブ旗を振り回して大騒ぎ。祝祭は深夜まで続いた。
 
 前年のコパ・リベルタドーレス王者とコパ・スダメリカーナ王者が戦うレコパ・スダメリカーナ(南米スーパーカップ)の結果も、お伝えしておこう。相手はコロンビアのアトレティコ・ナシオナル。4月4日にシャペコで行なわれた第1レグは、シャペコエンセが2-1で勝利した。だが、メデジンに乗り込んだ5月10日の第2レグは失点につながるミスを連発し、1-4で大敗。トータルスコア3-5で涙を呑み、2つ目のタイトルは取り損ねた。
 
 5月13日には、ブラジル全国リーグがついに開幕。アウェーで強豪コリンチャンスと対戦したシャペコエンセは、最近の試合でミスが多かったGKとCBを入れ替え、フォーメーションも4-3-3から4-2-3-1に変更した。ヴァグネル・マンシーニ監督のこの英断が功を奏し、守備が安定。前半に先制されたものの、粘り強く戦って互角の勝負に持ち込む。56分には右からのクロスに反応したMFアルトゥール・カイッキが競り勝ってヘディングシュート。バーに当たって跳ね返ったところをCFウェリントン・パウリスタがきっちり押し込んだ。
 
 続く2節は、王者パルメイラスとのホームゲーム。個の力では明らかに見劣りするものの、豊富な運動量と溢れる闘志で対抗した。すると28分、カウンターのチャンスが訪れる。MFロッシが左サイドを突破し、そのままシュート。GKが弾いたボールをMFルイス・アントニオが詰めて先制する。その後もパルメイラスの反撃を凌ぎ切り、貴重な勝点3を手に入れた。国内屈指の強豪を相手に1勝1分け。最高のスタートを切り、2節終了時点で4位と好発進を切った。
 
 よもやの事態に見舞われたのが、南米クラブ王者の座を争うコパ・リベルタドーレスの1次リーグだ。4月末の時点で1勝1分け2敗。アルゼンチン王者ラヌースと対戦する5月17日のアウェーゲームの結果が引き分け以下なら、事実上敗退が決まる厳しい状況だった。
 
 だが、その試合で意地を見せる。前半から高い位置でプレスをかけるアグレッシブなスタイルで主導権を握り、24分に先制。79分に追いつかれたものの、試合終了間際の88分、左サイドからのスローインをCBルイス・オタビオが頭で押し込み、土壇場で勝利を手繰り寄せる。1次リーグ突破に向けて、大きく前進したかに見えた。
 
 ところが試合後、決勝点を挙げたオタビオの出場資格を巡って事態が紛糾する。前節のナシオナル(ウルグアイ)戦で一発退場を命じられ、3試合の出場停止処分を下されていたにもかかわらず、クラブがその通知を見逃していたようで、ラヌース戦に出場させてしまったのだ。これを受け、南米サッカー連盟はその試合を3-0でラヌースの勝利と認定。シャペコエンセは勝点3を没収された。
 
 それでも23日、最終節でスリア(ベネズエラ)を2-1で下してグループ3位の座を確保。コパ・スダメリカーナへ回る資格は手に入れた。
 
(第6回につづく)
 
取材・文:沢田啓明
 
※ワールドサッカーダイジェスト2017.06.15号より加筆・修正
 
――――――――――――◆――――――◆――――――――――――
 
【著者プロフィール】
さわだ ひろあき/1986年にブラジル・サンパウロへ移り住み、以後、ブラジルと南米のフットボールを追い続けている。日本のフットボール専門誌、スポーツ紙、一般紙、ウェブサイトなどに寄稿しており、著書に『マラカナンの悲劇』、『情熱のブラジルサッカー』などがある。1955年、山口県出身。
 

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索