【SBS杯】殊勲弾でU-18代表を撃破! 静岡ユースの白井海斗はなにが図抜けているのか


 1977年に始まり、40年超の歴史を誇るSBSカップ国際ユース大会が、今年も静岡県内で開催されている。
 
 静岡県のサッカーファンが毎年楽しみにしている大会は、高校年代のサッカー選手にとっても特別な舞台だ。静岡県内の高校・クラブを問わずに編成されるオールスターチーム「静岡ユース」が、年代別の日本代表に挑む。それは個々人のアピールの場でもあり、サッカー王国としての誇りを懸けた戦いの場でもある。
 
 8月11日の静岡スタジアム・エコパでは、その県内注目の一戦であるU-18日本代表と静岡ユースのゲームが行なわれ、後者が1−0で勝利を掴んだ。「気合いが違った」とはDF中川創(柏レイソルU-18)の弁。モチベーションというより、チャレンジャー精神の有無で違いがあったのは明らか。代表を食ってやろうという意欲に充ち満ちた静岡ユースの主将が、この試合の殊勲者でもあるFW白井海斗(清水桜が丘高校)だ。
 
 ハイライトは前半27分の決勝点。前からの守備で誘発した相手のバックパスを奪い、速攻を仕掛ける。DF伊藤駿光(清水エスパルスユース)のスルーパスから巧みにライン裏へ抜け出すと、飛び出してきたGKをひょいっとかわす小粋なシュートをワンタッチで流し込んだ。
 
「代表は両センターバックが外に開いてビルドアップするので、もしボールを奪えたらその間に入ろうと思っていた」という狙い通りのランニングプレー。「キーパーが出てきて距離が近かったので、とっさに浮かそうと思った」というゴール前での発想力。そしてもちろん、シューティング技術自体の高さも光ったファインゴールだ。
 
 前日のU-18チェコ代表戦では決定機を逸しており、「これも外したら監督になにを言われるか分からないと思った」と言うが、余裕すら感じさせる一撃だった。「得意な形なので」という言葉のほうがしっくり来る。ワンタッチシュートの感覚の良さは、白井の真骨頂と言えるものだ。
 
 ちなみにゴールを決めた瞬間は、そのチェコ戦で無念の負傷離脱となってしまったGK青木心(JFAアカデミー福島)に想いを巡らせ、「こころーっ!」と叫んでいた。これは「テレビとかで(青木が)観ているかなと思った」と、キャプテンとしての愛情を感じさせる一幕だった。その後も主将らしく責任感を感じさせるプレーを継続。後半から代表がMF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)を投入してくると、「(伊藤を)フリーで持たせるなとは言われていたので」と、守備での献身性も見せて勝利に手繰り寄せた。
 
 白井は「まずなによりもチームの勝利が大事」とチームプレーを強調する。そして同時に、「自分の未来のために」という言葉も漏らした。どこでどう自分の可能性が広がっていくかは分からないわけで、そのために少しでも、深い爪痕をこの大会に残したい。そんな強い意欲と大志を抱きながら、SBSカップを戦っている。
 
 今年の高校サッカー界で五指に入るアタッカーだ。たしかに全国の舞台での実績は乏しく、全国的な知名度があるわけではない。冬の選手権についてちょっと水を向けると、「いやいや、まずは県を突破しないとダメですよ」という言葉と笑顔が返ってきた。だが、白井海斗が冬の選手権で主役になったとしても、なんら不思議ではない。
 
 もはやサプライズにはなり得ない、それだけのポテンシャルを持つストライカーなのだ。
 
取材・文:川端暁彦(フリーライター)

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索