指揮官もチームメイトもガクに賛辞「ヘタフェに来てくれて本当に嬉しい」

指揮官もチームメイトもガクに賛辞「ヘタフェに来てくれて本当に嬉しい」


 8月11日に行なわれたヘタフェ対アトレティコ・マドリーの練習試合で、出色のパフォーマンスを披露した柴崎岳に対して、指揮官とチームメイトが賛辞を贈った。
 
 まずは左SBで先発したフランシスコ・モリネロだ。「かなりの手応えを得られたドロー」と語りつつ、共にプレーして間もない日本代表MFをこう評した。
 
「ガクはすでに昨シーズン、テネリフェで実力を証明した通りさ。スペインのフットボールにすっかり順応しているし、僕らヘタフェにも少しずつ着実に溶け込んでいるよ。今日の試合を観ても分かるだろ。彼がヘタフェに来てくれて本当に嬉しいし、我々に多くのものをもたらしてくれるだろう」
 
 続いては、戦術家として知られるホセ・ボルダラス監督だ。辛口の指揮官だけに背番号10のプレーに注文を付けながらも、ここまでの働きにはおおむね満足しているようだ。
 
「素晴らしい存在感を示してくれた。たしかにラストパスをミスしてしまったし、ボールキープのところで円滑にプレーできなかったりはしたが、大きな問題ではない。攻撃に関与しようと積極的に絡んでいたし、彼のフットボールをしようと懸命だった。きっとどんどん良くなるはずだ。ガクは我々の大きな助けとなってくれるだろう」
 
 アトレティコ戦で柴崎は、4−2−3−1システムのトップ下で先発。堅守自慢の強豪相手に一歩も引かず、果敢に打って出てヘタフェ攻撃陣をリードした。惜しいシュートを放つなど何度かの決定機に絡み、77分までプレー。交代の際はホームサポーターから喝さいを浴びた。試合はスコアレスドローに終わっている。
 

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索