パチューカがメキシコ・カップ決勝進出! 本田圭佑は大会得点王も視野に入れる

パチューカがメキシコ・カップ決勝進出! 本田圭佑は大会得点王も視野に入れる


 現地時間11月21日、メキシコ・カップ(コパ・MX)の準決勝が行なわれ、パチューカとアトランテが対戦した。
 
 カップ戦では、12位に沈んだ国内リーグ戦とは異なり、準々決勝のティファナとの一戦で4点を奪って快勝を収めるなど、好調を維持するパチューカ。そのカップ戦において2戦連続ゴール中の日本代表MFの本田圭佑は、この試合でも右サイドハーフとして先発出場を果たした。
 
 先手を取ったのはパチューカだった。5分、右コーナーキックのこぼれ球を拾ったジョナタン・ウレタビスカヤが相手DFをかわして右サイドからクロスボールを供給。ペナルティーエリア内で待っていたオマール・ゴンサレスが頭で合わせ先制に成功した。
 
 先制に成功したパチューカはさらに勢いに乗る。
 
 21分、左サイドからのフリーキックをニアで合わせたビクトル・グズマンがチーム2点目をマーク。差を広げたパチューカは、その後も攻め続け、相手を抑え込んで、前半を終えた。
 
 後半開始早々、本田が個人技から見せ場を作る。47分、カウンターの流れからボールを受けた背番号02は、右サイドをオーバーラップしてきたビクトル・グズマンへスルーパスで好機を演出。さらにその1分後にも、右サイドでボールを受けてから、ドリブルでペナルティーエリア付近へカットインで侵入し、左足を振り抜いた。ボールは惜しくもゴール左へ逸れたものの、パチューカはこれで攻勢を保った。
 
 その後も、本田含めた攻撃陣が得意のカウンターで追加点を狙い続けたパチューカ。その勢いは最後まで持続し、2-0と危なげなく勝利。強敵モンテレイの待つ決勝へ駒を進めた。
 
 なお、本田はここまで大会3ゴールで得点ランキング1位につけ、得点王も視野に入れている。
 

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索