ケルン、95分の劇的な勝ち越し弾で上位チームを下し2連勝! 大迫はベンチ入りも出番なし

ケルン、95分の劇的な勝ち越し弾で上位チームを下し2連勝! 大迫はベンチ入りも出番なし


 1月14日(現地時間)、ブンデスリーガ第18節が行なわれ、ケルンは2-1でボルシアMGを下した。

 2週間のウインターブレイクを終えて迎えた後半戦の初戦。前半戦の最終戦でようやく今シーズンのリーグ初勝利を飾った最下位ケルンが、順位でははるかに上を行くボルシアMG(6位)との「ライン・ダービー」で、どれほどの進化ぶりを見せるかが注目された。
 
 長期離脱していたヘクターが復帰してスタメンに名を連ねた他、昨年末に肺炎に罹った大迫勇也も回復してベンチ入りするなど、ケルンは戦力が戻ってきたが、この試合では組織プレーに問題を抱え、なかなかボールを繋げず、前線にボールを運べない。
 
 対するボルシアMGはバイタルエリアにスムーズに迫り、幾度も相手ゴール前にボールを送る。10分過ぎにパスワークでの攻略からシュティンドルがペナルティーエリア内で惜しいシュートを放ち、18分にはCKからファーサイドに流れたボールをクラマーが合わせ、あわやという場面を作った。
 
 ボルシアMGは守備でも、中盤より前のところでは厳しいプレッシャーをかけることで、ケルンに攻守両面で自由を与えず、またミスを誘発したりもした。
 
 序盤は良さを完全に封じられたホームのケルンだが、27分に初めて組織的なプレーから敵陣に侵入してヨイッチがファーストシュート(直後にカウンターからアザールのきわどいシュートを浴びたが……)。そして34分、ヘーガーがファウルを受けて得たFKから、先制ゴールを奪う。
 
 ヨイッチがゴール前に上げたボールに対し、ソーレンセンが強引にマーカーのヴェステルゴーの前に出て右膝で合わせ、至近距離からGKゾマーの牙城を破った。
 
 均衡が破れた後は、互角の展開で試合は進む。そしてアディショナルタイム、ボルシアMGはヘアマンがうまく浮き球を処理して角度のないところからシュートを放ったが、GKホルンも見送ったボールは、ファーサイドに流れてわずかに枠外。ケルンがリードを守って前半を終えた。
 
 後半は立ち上がりからアウェーチームが攻勢に立ち、ケルン陣内で試合が進んでいくが、ボルシアMGもイージーなパスミスが多く、なかなか決定的な場面を作り出すまでには至らない。
 
 しかし67分に右からのクロスをアザールがヘッドで合わせる決定機を皮切りに、直後にはシュティンドルがわずかに枠を外れる惜しいシュートを放つ。そしてその2分後、ヘアマンが抜け出して放ったシュートをホルンがセーブした後、こぼれ球をラファエウが2度にわたって詰め、ついに追い付いた。
 
 ヘクターが顔面でラファエウの最初のシュートをブロックするという、捨て身のプレーも報われなかったケルンは、71分にソーレンセンが、先制時と同じような動きからダイレクトでシュートを放つも、今度はクロスバーを越えていった。
 
 互いに守備が緩くなり、オープンな展開となったなかで、ケルンは76分にクレメンスが、ボルシアMGは80分にヘアマン、86分にホフマンが決定機を迎えたが、いずれもゴールネットを揺らすことはできない。
 
 そして突入したアディショナルタイム。両者が勝点1を分け合うのが濃厚と思われた95分、ラウシュが左サイドから上げたクロスに、今冬に加入したテロッデがヘッドで合わせてゴール右隅に流し込み、ケルンが勝ち越し! 間もなく、試合終了の笛が沸きに沸くスタジアムに響いた。
 
 劇的な展開で2018年の初戦を白星で飾ったケルン。リーグ連勝を飾った最下位チームは、これまでとは明らかに勝負強さを見せた。今節はベンチで90分間を過ごした大迫もピッチに戻って来るであろう次節(20日にアウェーでハンブルクと対戦)以降、さらに期待が持てそうだ。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索