【小宮良之の日本サッカー兵法書】シーズン中の補強が既存の選手に与える心理的影響はいか程か!?

【小宮良之の日本サッカー兵法書】シーズン中の補強が既存の選手に与える心理的影響はいか程か!?


 冬の移籍市場、欧州王者レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、アスレティック・ビルバオに所属するGKケパ・アリサバラガとの契約合意に、「待った」をかけている。
 
 覇道を行くマドリーとしては、「格安でスペインの次世代ナンバーワンGKを手に入れられる」という千載一遇の機会だった。半年後には契約が切れるため(=移籍金が一銭も入らなくなるため)、ビルバオ側も渋々と移籍に向かって動いていた。そして契約更新を渋っていたケパも、同じ気持ちだった。
 
 ところが、ジダンが「必要ない」と判断し、話は決裂した。
 
 結局、ケパはビルバオと2025年まで契約を更新している。契約解除金は2000万ユーロ(26億円)から8000万ユーロ(104億円)に跳ね上がった。これで、しばらく移籍の話はないだろう。
 
 クラブフロントは長期的な視野で、編成を行なう必要性に迫られる。その点、有望なケパの獲得打診は、決して間違っていなかった。「数年後には欧州最高GKの座を争う」とも目される実力者だからだ。
 
 しかし、現場は1試合1試合、1日1日が勝負となる。現状、マドリーにはケイラー・ナバス、キコ・カシージャというふたりの有力なGKがいる。もし、ケパがそこに加入した場合、競争力は高まる。
 
 ただ同時に、チーム内に不信感が生まれる可能性も高かった。
 
「俺たちは信頼されていないのか?」
 
 ふたりのGKはそう感じるだろう。シーズン途中に選手を補強するというのは、とてもデリケートな問題なのだ。
 
 ジダンは監督として、戦術における駆け引きの腕前は凡庸だといわれる。ディエゴ・シメオネやウナイ・エメリに及ばない。また、戦略面でフットボールの質を高める能力も、ジョゼップ・グアルディオラやエルネスト・バルベルデに劣る。
 
 しかし、人事マネジメントは神業的だ。
 
 スター選手たちのエゴをうまく操ることができるし、発奮させ、納得させられる。一方で、責任感の強いプロフェッショナルな選手をリスペクトし、その努力を決して見逃さない。
 
 さらに、若手で野心的な選手には舞台を与え、何より、そのタイミングが適切。昨シーズンは「Bチーム」といわれた若手主体のサブ組が、チーム全体を底上げしていた。
 
 ケパを獲るか否か。
 
 それを突き詰めた時、ジダンは現役時代の肌感覚で、チームに起こる反応を想像したのだろう。プレーヤーはプライドを傷付けられるのを嫌い、傷付けられたと感じた選手のパフォーマンスは、どうしようもなく落ちる。
 
 さらに、その様子を多くの在籍選手が痛ましく感じる。「次は自分に“災い”が降りかかるのでは……」と疑心暗鬼に駆られ、不安が連鎖になりかねない。
 
 有力な選手の加入は、必ずしも単純に足し算にならないのだ。
 
 ケパの獲得を断り、ナバスやカシージャに賭ける――。そこに、ジダンのボスとしての輪郭が見えた。
 
「他の誰でもない、お前が必要なんだ」
 
 それがジダンのマネジメント。リーダーが人心を掌握するのは、簡単なことではない。
 
文:小宮 良之
 
【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索