バックアップメンバー井手口陽介が代表チームから離脱…理由はクラブ事情

バックアップメンバー井手口陽介が代表チームから離脱…理由はクラブ事情


 日本サッカー協会は13日、ロシア・ワールドカップのバックアッププレーヤーとして日本代表チームに帯同していた井手口陽介の帰国を発表した。
 
 5月30日のガーナ戦の27人のメンバーに入り、同試合で76分から途中出場していた井手口だが、17−18シーズンにレンタルで所属したクルトゥラル・レオネサでは5試合に留まっていた(2018年1月にG大阪からリーズに移籍も、労働ビザが下りずレンタルで加入)。そのため、西野朗監督から「トップパフォーマンスになるイメージを持てなかった」とコンディション不良を指摘され、本大会の23人枠からは惜しくも外れた。
 
 それでも21歳と若く将来性を見込まれ、23歳で同じく本大会のメンバーから漏れた浅野拓磨とともにワールドカップ期間中も同行することが予定されていた。
 
 離脱の理由は、保有元のリーズのクラブ事情のためとされている。
 
 リーズは現在イングランド2部リーグに所属しており、かつて日本代表で活躍した藤田俊哉氏がスタッフを務めている。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索