「まるでクオリティーが…」失意のレバンドフスキが胸中を吐露。日本戦の出場は?【ロシアW杯】

「まるでクオリティーが…」失意のレバンドフスキが胸中を吐露。日本戦の出場は?【ロシアW杯】


 日本vsセネガル戦の2−2ドローを受けて、ロシア・ワールドカップのグループH、コロンビアvsポーランド戦もまたサバイバルを懸けた大一番となった。結果は攻守両面でライバルを圧倒したコロンビアが3−0で快勝。グループ内のFIFAランクが最高位(8位)だった東欧の古豪は、1試合を残して敗退が確定した。
 
 がっくりと肩を落としたのが、大エースのロベルト・レバンドフスキだ。試合後、ポーランド・TV局の取材に応え、早期敗退の要因を自己分析した。
 
「すべてを出し切った結果だ。率直に言えば、紙一重で負けた試合ではなかった。僕たちはよく闘ったし、全力を尽くしたよ。でもこれ以上になにかができたかと訊かれれば、僕はそうは思わない。ワールドカップのような大会では思うようにならないことが多いけど、この舞台で勝利を挙げるには力が足りなかった。(ポーランドは)まるでクオリティーが足りていなかったんだ。僕もチームも頑張ったけど、それだけでは十分じゃなかった」

 
 ドイツ全国紙『WELT』はバイエルン・ミュンヘンFWを手厳しく批評した。「レバンドフスキは180分間で1点も決められなかった。シュート3本ではそれも致し方なく、デュエルでの勝率も39%。らしくない姿をさらしたのだ」と評し、「(移籍先に浮上する)レアル・マドリーはおろかバイエルンの選手としても相応しくない成績に終わった」と断じている。
 
 ラウンド・オブ16への道が閉ざされたポーランド代表とレバンドフスキ。一部報道によるとポーランドは日本戦にフルメンバーで臨まず、R・マドリー行きが濃厚な状況下、怪我を避けたいレバンドフスキもベンチスタートになるとも。はたしてそうだろうか。最初で最後の出場になるかもしれないワールドカップで、レバンドフスキは1ゴールも挙げないまま去れるのだろうか──。
 
 日本はポーランド戦で引き分け以上の結果を残せば、ベスト16進出が決まる。
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索