【ポーランド戦はこのスタメンで戦え!!】現状維持か。いや、勇気を持って東口を先発させよ

【ポーランド戦はこのスタメンで戦え!!】現状維持か。いや、勇気を持って東口を先発させよ


 ポーランドとのグループリーグ第3戦を引き分け以上で乗り切れば、決勝トーナメントに進出。ただし、負けると、他方のセネガル対ポーランド戦の結果次第でグループリーグ敗退もあるという“微妙”な状況だ。なかなか博打を打てないシチュエーションであり、セネガル戦のメンバーからの変更は勇気がいるだろう。
 
 ここまでの流れを考えれば同じスタメンで戦うべきだが、GKは思い切って東口順昭を起用すべきだ。今大会の川島永嗣ははっきり言って、厳しい。セネガル戦のパンチングミスに代表されるように、ここぞという場面でビッグセーブがないのがなにより気掛かりだ。
 
 ならば、国際経験が不足しているとはいえ、まだ東口のほうがいいのではないかという結論に行き着く。川島よりも足技が優れている点も踏まえれば、勇気をもって東口を先発させるべきだ。
 
 4バックはいじる必要がない。右サイドバックの酒井宏樹はセネガル戦で最高級のパフォーマンスを披露し、吉田麻也と昌子源のCBコンビも奮闘している。左サイドバックの長友佑都はチームの精神的支柱として不可欠だ。
 
 ボランチはもはや現代表の軸になった柴崎が確定。セネガル戦で見せた、局面に応じて長短のパスを蹴り分けるセンスは日本の攻撃を活性化させるうえで肝となっている。
 
 懸念されるのが長谷部誠のコンディション。セネガル戦ではタイトなマークでだいぶ削られており、中3日で臨むポーランド戦までどこまで回復できるか。このキャプテンに万が一の事態が起これば、代役は山口蛍になる。
 
 GKと同様に難しいのが2列目。コロンビア戦に続き、セネガル戦でもタフに走り回った原口元気はそろそろ疲れが溜まってくる頃か。あくまで試合を観ての印象なのでそうとは限らないが、セネガル戦では細かいミスもあったので、このあたりで武藤嘉紀を使ってもいい。
 
 スタメンとサブ組をかっちり分けることで、控え組のモチベーションが下がるケースもある。そう考えると、2戦目まで出番がなかった武藤にチャンスを与えてもいいのだが、ここが難しいところ。グループリーグを突破したわけではないので、これまで戦ってきたチームをいじるか否かは本当に悩みどころなのだ。
 
 例えば決勝トーナメント1回戦を見据えて主力を温存した結果、ポーランドに敗れてグループリーグ敗退となれば本末転倒だ。セネガル戦で失った“勝点2”は選手起用にも多大な影響を与えるのは間違いない。
 
 最初の2試合で1得点・1アシストと結果を残している本田圭佑は“スーパーサブ”として効いているので、この起用法を続けたほうがいい。なので、トップ下は香川真司を先発させるべきだろう。セネガル戦でも相手を引き付けるなど地味ながら貴重な仕事をしていただけに、引き続き“10番”にトップ下を任せるべきだ。
 
 左サイドは乾貴士か。守備に不安も、セネガル戦では1得点・1アシストと決定的な仕事をしたのもまた事実。6月12日のパラグアイ戦でゴールを決めたあたりから“ラッキーボーイ的な存在”になりつつあるので、ここは乾に賭けてみたい。
 
 CFは大迫勇也だろう。セネガル戦でも中盤に引いてポストプレーをこなすなど精力的だった。あの60分の決定機は決めてほしかったが、それでも西野朗監督の信頼は揺らがないだろう。
 
 天国と地獄の分かれ目となる第3戦、西野監督はどんなスタメンをピッチに送り出すのか。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索