「ピッチには450万人の選手が立つ」 国民のサポートを確信するラキティッチ、シーズン71試合目も「心配ない」【ロシアW杯】

「ピッチには450万人の選手が立つ」 国民のサポートを確信するラキティッチ、シーズン71試合目も「心配ない」【ロシアW杯】


 ロシア・ワールドカップ(W杯)は7月15日(現地時間)、いよいよ決勝が行なわれる。有利と見られているのは、2年前のEUROのファイナリストでもあり、20年ぶり2回目の優勝を目指すフランスだ。
 
 一方、勝てば9番目の優勝国となるクロアチアは、史上初の決勝戦。3試合続けて120分間(+2試合でPK戦)を戦ってきた疲労もあり、下馬評では不利という声が少なくない。
 
 だが、英紙『Guardian』によると、イバン・ラキティッチは「チームにとってだけではなく、全てのクロアチア人にとって歴史的な一戦だ」とコメント。「ピッチには450万人の選手が立つ」と、国を挙げてのサポートが強みになると意気込んでいる。
 
「クロアチアの歩みをちょっと見るだけで、この1か月のことが分かると思う。言葉では言い表わせないような、凄まじい喜び、団結、協調、プライド……素晴らしいよ。(決勝が行なわれる)スタジアムが450万人収容の大きさだったとしても、きっと満員になっていたはずだ」
 
 前述のように、懸念されるのは疲労だ。ラキティッチ自身、2017-18シーズンはバルセロナで55試合、代表で15試合をこなしており、W杯決勝はシーズンで71試合目となる。
 
 しかしラキティッチは、「さらなるパワーとエネルギーがある。心配ないよ」と強調した。
 
「人生最大の大一番だと分かっている。『全力を尽くした』と、堂々と胸を張ってピッチを後にしたいんだ。望む結果を手に入れるのに必要なのは、少しの運だけだよ」
 
 実際、イングランドとの準決勝でも、ルカ・モドリッチを筆頭に、クロアチアの選手たちは疲労困憊になりながらも奮闘した。その姿に感動し、シンパシーを覚えた人は少なくない。
 
 ラキティッチも、クロアチアの戦いぶりが世界のファンの心を捉えたと考えている。だからこそ、「決勝では大勢の人が僕たちを応援してくれるだろう」と、クロアチア以外のファンからのサポートにも期待を寄せている。
 
 多くの強豪が次々と沈み、「サプライズのW杯」という声もある今大会。アウトサイダーと見られていたクロアチアは、そんな大会で初の栄光を掴むことができるだろうか。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索