「アウェーでやっていかなきゃいけない」岡崎慎司がSNSで日本代表へ“提言”! ファンも賛同

「アウェーでやっていかなきゃいけない」岡崎慎司がSNSで日本代表へ“提言”! ファンも賛同


 プレミアリーグで格闘の日々を送るサムライストライカーが、日本サッカーのさらなる発展に“提言”を送った。

 10月16日、日本代表はウルグアイ代表と対戦。試合は壮絶な打ち合いとなったが、南野拓実、堂安律、中島翔哉の“新・ビッグ3”の活躍もあり、4-3で日本が南米屈指の強豪国から22年ぶりの勝利を収めた。

 FIFAランク5位を撃破した森保ジャパンの奮闘に列島が沸くなか、SNSで持論を展開したのは、レスターに所属する岡崎慎司だ。32歳のベテランFWは、試合後、自身のツイッターで次のように綴った。

「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェーでやっていかなきゃいけない段階にきてると思うな」(原文ママ)

 このツイートをするに至った真意の程は定かではないが、日々、プレミアリーグで過酷な戦いを強いられている岡崎だけに、日本代表もより厳しい環境での強化試合を増やし、成長を加速させるべきだと考えたのだろう。

 この日本代表歴代3位の通算50得点を誇る点取り屋の“提言”には、多くのファンも反応。「南米で今日の試合をしたら本物」や「さすが岡ちゃん」、「ぶっちゃけウルグアイどんだけ移動時間かけて来てんだよね(笑)」といった賛同の声が多く集まっている。

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝

【日本代表PHOTO】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索