バルサが「最重要10か国」の一つ、日本でのプレシーズンツアー開催発表! イニエスタとの対戦も?

バルサが「最重要10か国」の一つ、日本でのプレシーズンツアー開催発表! イニエスタとの対戦も?


 バルセロナは10月16日、来夏のプレシーズンツアーで、「日本と中国を訪問する」と発表した。

 過去2シーズンは、アメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)に出場してきたバルサだが、クラブによると、「ブランドのグローバリゼーション化や拡大戦略の一環」として、アジア太平洋市場を重視していることから、ツアーの開催を決めたという。

 中国と日本を「戦略面でもっとも重要な10カ国」のひとつと位置付けるバルサは、現地のサッカーファンにクラブのサポーターが多いことにも言及している。

 バルサは、「中国や日本においてサッカーは急成長しており、ビジネスだけでなく、新たなファンの獲得も目指している」とし、ツアーや選手の訪問が、「より直接的な方法で地元ファンにもっと近づくための鍵となる戦略」だと論じている。

 バルサがアジアを訪れるのは、2016年12月にカタールで行なわれた親善試合以来、約2年ぶり。来日となれば、クラブ・ワールドカップに出場した2015年12月以来、約3年半ぶりとなる。

 マッチメイクの詳細は明らかになっていないが、やはり気になるのはヴィッセル神戸との対戦だ。

 楽天がバルサのメインスポンサーを務め、何よりアンドレス・イニエスタがいるだけに、可能性は決して低くないだろう。実際、『ESPN』は、バルサが神戸と試合する可能性を「十分に検討している」と報じた。

 一方で、『ESPN』は、バルサが、まだICCに参戦する可能性も計画していると伝えている。ICCは、北米のほかに欧州、アジアでも開催されており、バルサはアジアツアーとの“両立”も可能とみられている。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索