「キャーと言うほどではなかった」守護神・東口順昭が“あわや”のパスを解説

「キャーと言うほどではなかった」守護神・東口順昭が“あわや”のパスを解説


[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼スタ
 
 発足まもない森保ジャパンにとって、強豪ウルグアイとのテストマッチは重要な腕試しの一戦だった。4−3という派手なスコアで勝利を飾ったが、すべてが手放しで喜べるものではなかっただろう。
 
 試合中、スタンドがドッと沸いたワンシーンがあった。GK東口順昭からCB吉田麻也へのパスが短く、あわや相手選手に奪われそうになった場面。最後方から丁寧にビルドアップを構築する森保流においては、ひとつの落とし穴になりかねない。パスにこだわれば敵は狙いが定めやすく、簡単に失点に繋がってしまうからだ。

 
 だが、東口自身はさほど意に介していない。周囲が騒ぎ立てるほど、吉田との間に意識のズレはなかったと断言する。
 
「スタンドはけっこう沸いてましたけど、自分のなかではそんなにリスクはなかった。もっとパスが強ければ楽なボールにはなってたのかなとは思います。でも、麻也も問題ないと思っているはずだし、キャーと言うようなシーンではなかった。ああいうところでしっかり繋げて、やっていけるかがこのチームでは大事になってくる。その意味で、今日はチャレンジできたかなと思います」
 
 ロシア・ワールドカップの登録23名に選ばれた東口だが、初の檜舞台で出場機会は訪れなかった。ウルグアイ戦を前にして、刻んだキャップ数はまだわずかに6試合。ガンバ大阪が誇る32歳の守護神にとっては、ここからが本当の正念場となる。
 
「勝ったと言っても、結果が3失点ですからね。修正すべきところはちゃんと修正して次に繋げたい。(ウルグアイは)いままでに感じたことがないくらいのパワーがあったし、すべてのプレーの精度が高かった。でも守備は連携して上手く対応できたとは思うんで、こうした試合を積み重ねていければと思います。試合が始まるまでは正直、不安でいっぱいですよ。でも最終的にどれだけ集中するかで、見れるところは変わってくるんでね」
 
 はたしてアジアカップで正守護神の座を掴むのは誰か。東口が現時点でもっとも近い位置にいるのは確かだろう。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索