「イングランドで試合を観ているのは“見物客”だ…」 アーセナルのフランス人FWがプレミアのファンに違和感!?

「イングランドで試合を観ているのは“見物客”だ…」 アーセナルのフランス人FWがプレミアのファンに違和感!?


 約2週間に渡るインターナショナルウイーク期間中、代表チームに招集された選手たちが国の威信をかけて戦う一方で、招集外となった選手たちは思い思いの過ごし方で、つかの間の休養期間を過ごしている。

 アーセナルのフランス人ストライカー、アレクサンドル・ラカゼットもそのひとりで、フランス紙『Le Progrès』によれば、彼は月曜日から生まれ故郷のリヨンに里帰りし、地元のインターナショナルスクールで開かれたサッカー教室にゲストとして登場するなど、精力的に活動したという。

 リーグ・アンで3年連続20ゴールという成績を残していた昨夏に、鳴り物入りでアーセナルに加わったラカゼットは、すぐさまレギュラーに定着し、プレミアリーグでは32試合に出場して14ゴールという堂々たる数字を残した。

 プレミア挑戦2年目を迎えた今シーズンも8試合で4ゴールと、まずまずのパフォーマンスを披露しているラカゼット。そんな27歳の点取り屋は、イングランドと母国フランスの“違い”について持論を述べた。
 
「リーグ・アンが懐かしいね」と回想する彼いわく、その“違い”はスタンドにあるという。

「フランスのリーグには、雰囲気がある。イングランドでは、試合を観ているのはファンというよりも見物客だ。フランスのスタジアムの方が良い雰囲気なのは間違いない」

 フランス屈指の名門リヨンで8年間プレーし続け、スタンドからは常にシビアな目で見られていたラカゼット。それだけに、地元ファンだけでなくあらゆる各国のファンをかき集め、いわゆる“ミーハー”も少なくないプレミアリーグのスタンドに違和感を覚えたのかもしれない。その真意のほどは定かではないが……。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索