「やればやるほど恐ろしい」ベレーザの長谷川唯がINACのライバル岩渕真奈を語る

「やればやるほど恐ろしい」ベレーザの長谷川唯がINACのライバル岩渕真奈を語る


 リーグ4連覇が懸かるベレーザの攻撃を牽引するのが、長谷川唯だ。永田雅人体制となった今季は、新たな戦術の中で、プレーの幅を広げている。なでしこジャパンでも存在感を高める充実一途の21歳のMFが、岩渕真奈、鮫島彩、中島依美など代表クラスを揃えるINACとの大一番に向けて、心境を語る。「楽しみな半面、怖さもある」。その言葉の真意とは――。

───◆───◆───
――10月20日のINAC戦は、勝てばリーグ4連覇という大一番です。

「確かに大事な一戦ではあります。でも、それ以上に、今まで積み上げきたものを発揮すること、前の試合で出た課題をクリアすることが大切です。そういう意味では、他の試合と変わりません。今季は永田監督に代わって、スタイルも変わりました。毎週、課題に取り組み、試合に向けて充実した練習ができていますから、とにかく進化を見せたいです」

――新体制となり、前の試合の反省を活かす。サイクルがうまくできていますか?

「そうですね。自分たちはまだ分からないことが多くて、一つひとつ学んでいる段階です。どうしてもひっきりなしに、課題は出てくる。でもその都度、映像を見返したり、ミーティングで説明を受けたり、練習で実践したり。そうやって、次の試合には改善できるようになっています」

――戦術面はどう変わりましたか?

「去年は皆が動き続けてボールに関わり、狭いところでもパスワークで崩していきながら、裏への飛び出しも狙っていました。一方で今季は、より確実なところを狙うようになりました。自陣からしっかりとパスをつなぎ、できるだけ多くの時間で主導権を握る。そのために、一つひとつのプレーが丁寧になりましたね」

――その中で、昨年サイドハーフだった長谷川選手はインサイドハーフにポジションを変えています。戸惑いはありませんでしたか?

「なかったです。むしろサイドハーフよりもやりやすくて、肌に合うなあと。それが最初にやってみた時の感想です。サイドハーフをやっていた昨季も、どちらかと言えば、中央のエリアに入り込んでプレーするのが好きでしたから。今は、外に張っていなくていいし、自分のポジションを空けなくても中央でプレーできるので、やりやすいです。アシストなど、ゴールにつながる仕事が増えた実感もあります」
――中央でのプレーのほうが好きなのはなぜですか?

「左右のサイドに散らしたり、動き出しているFWにスルーパスを通したりと、選択肢が多いからです。サイドをやっていた昨年は、ひとつの動き出しが見えたら、そこを使うしかない、という感じだった。真ん中ならいろんなところが見えて、ゴールに一番近い近道を選べます」

――選択肢が増えたことで、状況判断も難しくなったのでは?

「それはあります。去年までもハイレベルな判断が求められましたけど、今季はそれ以上。自分自身このサッカーで成長できている実感もありますけど、まだ見えていないところもたくさんあって、FWの動き出しに助けられている部分が大きい。もっと慣れていきたいです。ベレーザにいる以上、そういう基礎技術で他チームの優位に立たないといけませんから」

――強豪のベレーザにいるからこそ、そういう責任感は強くなる?

「負けてはいけない使命感みたいなものはありますね。それは、ベレーザに入った時から持っています」
――ベレーザの選手の精神力や基礎技術は、たしかに目を見張ります。なでしこリーグ以外の試合を見て、勉強していたりするのですか?

「私の周りにはバルセロナとかすごく良いサッカーをしているので、見ている人が多いです。私は永田さんから南米リーグの映像をよく見せてもらっています」

――南米サッカーの印象は?

「場面場面を切り取ったハイライト映像だけでも、個々の技術が凄くて、見応えがあります。一歩踏み込みを入れるだけで相手をズラしたり、普段だったら流してしまうシーンでも、しっかり見ると、すごくタメになるんですよ。映像を見たら、すぐにグラウンドに出て永田さんに教えてもらっています。実際に真似してみると、すごく使える技術が多いんですよ。おかげで、プレーの幅も広がったし、以前より楽になりました。永田監督に映像を見せてもらって参考にしているのはコリンチャンスです」

――参考にしている選手は?

「この人という選手はいないですけど、(アンドレス・)イニエスタ選手のプレーはよく見ています」
――今季は15節終了時でわずか5失点。堅守が光ります。

「去年も失点はすごく少なかったけど、やり方を変えても安定しているのは自信になります(編集部・注/昨季は全18試合で8失点)。去年は、ボールを取られたら素早く切り替えるハイプレスが基本でした。例えそのまま奪えなくても、ボールを蹴らせて、それを回収する方法です。一方で今年重視しているのが、ポジショニングです。例えば、ひとりDFがかわされてしまった時や、サイドを崩されてからなど、『こういう状況ではこう守る』という、様々な状況に対応するパターンをいくつも教えてもらっています。そのおかげで、守備で焦ることはかなり減りましたね」

――阪口夢穂選手が怪我で離脱しても崩れなかったのは、そういう型を全員が理解していたからでしょうか?

「そうですね、今は誰が出ても同じサッカーができています。昨年までゲームに絡めていなかったサブの選手も、今年は力をつけてきていますから。もちろん去年も練習から頑張っていたんですけど、今年の控え選手は一層、危機感や試合への意気込みが凄いです。レギュラー争いが激しくなっていて、チームの底上げにつながっています」

――植木理子選手、宮澤ひなた選手、宮川麻都選手がU−20代表でも活躍したり、若手も頭角を現わしています。下の世代の突き上げを長谷川選手は、どう感じていますか?

「頼もしいです。もちろん私も負けるつもりはないですけど、やっぱり私だけでなくいろんな選手にとってすごい刺激になるので、若い子の台頭は大歓迎です。もっともっと出てきてほしいですね」
――一方のINACは、リーグ最多得点を誇る攻撃面が特徴。どう見ていますか?

「打開力のある選手が多くて、今年は、昨年までのベレーザのサッカーに似ている印象です。すごく走って裏に抜け出したり、3人目の動きを効果的に使ったり」

――それなら、対策はたてやすいのでは?

「そうですね。昨年まで自分たちがやられて嫌だったことをすればいいわけですから。それに自分たちも昨年よりもレベルがひとつ上に上がっているはずなので、負けられないなと」

――INACは日本代表で長谷川選手とともにプレーする選手も多いです。その意味では、楽しみなのでは?

「楽しみな半面、怖さもありますよ。特に岩渕(真奈)選手は、一緒にやればやるほど恐ろしい選手だなと、その凄さが分かるんです。やらないほうが怖いもの知らずでいられるので良かったかもしれません(笑)。でも、逆に特長を理解しているからこそ、対処法が練れる。右足のシュート、ドリブルをいかに出させないようにするか。チームメイトと共有して、うまくマークできれば、簡単にはやられないはずです」

――代表選手ばかりの、まさに頂上決戦ですね。

「1位、2位の対決でもありますし、ぜひ観戦しに来てほしいです」
――イベントも盛りだくさんですね。籾木結花選手も集客マネージャーに就任したり、限定タオルの販売があったり。

「そうですね。タオルの販売はモミ(籾木)が企画したんですよ。多くのサポーターに会場に来てもらうために。SNSでコメントはくれるけど、なかなか会場に足を運んでくれるファンの方が多いので、そういう方になるべく来てほしくて」

――INAC戦では、どんなプレー、どんな姿勢を見てもらいたいですか?

「1番はゴールに絡むプレーを見てもらいたいです。あとは、戦術的なところもチェックしてほしいですね。ベレーザの選手のポジショニングとか。なんで、ここに立っているんだろうと、そういうところまで考えて見てもらえるとすごく楽しんでもらえるはずだし、女子サッカーのレベルって上がっているんだなと感じてもらえると思います。頭脳的なプレーや、数的優位を活かしたパスワークなど、注目ポイントは挙げたらキリがありません。とにかく会場で、女子サッカーの魅力を味わってほしいです!」
 
 
■プロフィール
長谷川唯(はせがわ・ゆい)/1997年1月29日生まれ、宮城県出身。戸田南FC―戸木南ボンバーズ―日テレ・メニーナ―日テレ・ベレーザ。パス、シュート、ドリブルという攻撃センスに加え、豊富な運動量も持ち味の万能型MF。2017年にはリーグのベストイレブンに選ばれ、今季もベレーザで確固たる地位を築いている。なでしこジャパンでの活躍も期待される注目タレントだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索