マラドーナ、歩行困難になっていた…執刀医が深刻な現況を明かす 「両膝の軟骨が残っていない」

マラドーナ、歩行困難になっていた…執刀医が深刻な現況を明かす 「両膝の軟骨が残っていない」


 現役時代に幾多の名シーンを創り出してきた元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナだが、その足が悲鳴を上げているようだ。スペイン紙『MARCA』が、深刻な状況について伝えている。

 1976年にアルヘンティノスでプロキャリアをスタートさせたマラドーナは、1982年の夏にバルセロナへ移籍して欧州初上陸を果たすと、84年夏に移籍したナポリでは、同クラブの史上初のスクデット獲得に貢献した。

 代表でも希有なキャリアを築いたマラドーナ。とくに1986年のメキシコ・ワールドカップでは、準々決勝のイングランド戦で、「神の手ゴール」「5人抜きゴール」というサッカー界に今も語り継がれる二つの名シーンを生み出し、決勝で西ドイツを破って母国に史上2度目の栄冠をもたらした。

 その後、1997年10月に愛着のあったボカ・ジュニオルスで「俺は数多くの過ちを犯した。だがフットボールを汚した事なんて一度たりとも無い」という言葉とともに、そのキャリアを終えたマラドーナは、57歳となった現在、メキシコ2部のドラドスで監督を務めている。

 そんなサッカー界のレジェンドの状態が芳しくない。『MARCA』の取材に応じた執刀医のヘルマン・オチョア氏によれば、「2004年頃から状態は良くない」というのだ。そして、同氏はさらに次のようにも語っている。

「今年6月には、ロシアで活動できるように、ワールドカップ前の6月頭に基本的な治療を行なったんだ。ただ、マラドーナは両膝に重度の変形性関節症を患っており、今は軟骨が残っていない状態だ。骨同士がこすれ、強い痛みや炎症、歩行困難を引き起こすなど深刻な問題になる。解決法は、手術をして人工関節を入れることだ」

 あのマラドーナが歩けなくなるかもしれない……。そんな驚きの現状を明かしたオチョア医師だが、「今の時代、技術の進歩が我々に解決法を授けてくれる。最も賢明で知的な選択肢は、手術をすることだ」と、人工関節に完全に入れ替える手術を勧めていることを明らかにしている。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索