ダビド・ビジャが明かす移籍の真相と神戸の“バルサ化”【独占インタビュー|前編】

ダビド・ビジャが明かす移籍の真相と神戸の“バルサ化”【独占インタビュー|前編】


 冷たい北風が肌をさす1月中旬、ヴィッセル神戸の練習グラウンドを訪れていた。今年加入した世界的ストライカーに話を訊くためだ。
 
 ダビド・ビジャ――「エル・グアヘ(少年、炭鉱夫見習い)」との愛称で呼ばれるそのスペイン人は、言わずと知れた名手だ。バルセロナやアトレティコ・マドリーでリーガ・エスパニョーラを3度制し、バルセロナ時代にはチャンピオンズ・リーグ優勝も経験。10年の南アフリカ・ワールドカップで世界一にも輝いたスペイン代表では、歴代最多の59ゴールを奪ってきた。
 
 身長174㌢と決して大柄ではないものの、そのオーラは伊達ではなかった。一気に現場に緊張が張り詰めたなかで、ひと通り写真撮影を終えたビジャと向かい合って着席する。ほとばしる覇気のようなものに、怖気づいてなどいられなかった。時間が限られているが、質問は山ほどある。
 
 日本での新たな挑戦に燃える胸中に迫った。
 
───◆───◆───
 
 まずなにより訊きたかった。なぜ神戸というクラブを新たな活躍の場に選んだのか、何に惹かれてこの港町へとやってきたのか、を。

 ビジャはあごに当てた手を外し、穏やかな口調で話し始めた。
 
「1番の理由は、熱い想いだ。オファーをくれた数あるクラブのなかで、ヴィッセルが一番興味を示してくれた。どうしても僕を獲得したい、そうした強い気持ちを感じたんだ。もちろん他にも色々あるが、それがなによりも大きかった」
 神戸の熱意に動かされたビジャのJ参戦は当時、たちまちニュースとなって世界中に広まった。

「いろんな選手や友人から連絡が来た。みんな、俺がこのクラブに来たことに興味を持ってくれていた。チャンスがあれば日本に来たい、なんていうやつもいたよ」

 連絡を寄こしたのは、おそらくサッカー界の第一線でともにプレーした、あるいは対戦した盟友たちだろう。ビジャの神戸入りは、世界有数の選手にとっての関心事であり、それほどのビッグディールだった。

 オファーが届いたのは、ちょうどニューヨーク・シティFCでのシーズンが終わる頃、「もうニューヨークでは続けない決断をした、ちょうどその時だった」という。
「ニューヨークにクラブの重役が3人ほど来て、話をしたんだ。ミキタニ(三木谷浩史)会長ともその時に電話を通じてコンタクトを取った。アメリカまで遥々足を運んでくれたことが嬉しかったし、本気度を感じた。しかも、それは交渉を進める度に、ますます強くなっていった」

 とはいえ、極東の島国でプレーする決断は、容易に下せるものではないだろう。まして、複数クラブから話はあったという。悩まなかったのか。

「ああ、まったく。条件面も揃っていたし、先ほども言ったが、彼らの熱意を感じた。だから決めるのにほとんど時間はかからなかった。今だってそうだ。加入してからもクラブのサポートは素晴らしい。家族の生活を楽にしてくれるし、僕がサッカーに集中できる最高の環境を与えてくれているんだ」

 神戸の熱意に応えるように、ビジャは情熱をたぎらせている。鋭い眼光で見据えるのは、クラブが掲げる『アジアナンバーワン』という目標だ。
 
「人生において、特にサッカーにおいては、高い志を持つことが非常に大事だ。ヴィッセルが目指しているところは、難しいものではある。しかしだからこそ燃えてくる。僕は挑戦が好きなんだ」 
 
 神戸がアジアの頂点を獲るために仕掛けているのが“バルサ化”だ。以前までの堅守速攻型を捨て、昨季からボールを回して主導権を握るスタイルへと舵を切っている。
 
 追い求めるのは、いわばポゼッションサッカーの究極形。しかし、そんな難易度の高い挑戦も、ビジャの高揚感を掻き立てているに違いない。
 
「素晴らしいことじゃないか。クラブが挑戦をする時には、方向性を決めていかなければいけない。ヴィッセルが掲げる理想のサッカーは、僕が好きなスタイルだし、これまでのキャリアでもよく経験してきている。楽しみだよ」

 スペイン代表やバルセロナで、いずれもポゼッションサッカーを実践して栄華を極めたビジャは、まさにその理想に近づくために打ってつけの人材である。“バルサイズム”の極意を熟知しているビジャだから、あえて聞いてみた。
 
 神戸は本当にバルセロナになれるのか。
 
「当然だ。努力を積み重ねていけば、いつか必ず達成できる。もちろん変化には時間が必要だ。バルセロナだって、そのスタイルを長年追い求めて、ようやくあの境地に辿り着いたし、それを根付かせるのに成功した。道のりは険しいかもしれないが、ヴィッセルにもできるはずだ」 
 
 理想のスタイルを追求した先に、いつか栄冠を掴めるだろうか。97年にJリーグに加盟してから、神戸はいまだに無冠。それだけに「クラブの地位は、ひとつはタイトルの数で測れる」というビジャには、初タイトルに導く期待が懸かっている。当然本人も新たな歴史を刻むつもりだ。

「今このチームには(アンドレス・)イニエスタや(ルーカス・)ポドルスキなど僕以外にもたくさんの優勝経験のある名手がいる。僕らがこのチームに野心を落とし込むことで、タイトルをもたらすことができるだろう」
 
 来日後、よく口にするのが野心というワードだ。チームにとっての野心は、例えばタイトルへの飽くなき欲望。いずれもワールドカップ優勝を経験しているイニエスタ、ポドルスキとともにビジャが落とし込もうとしているのは、いわゆる勝者のメンタリティである。
 では、ビジャ自身にとっての野心とはなんなのか。
 
「常に最大限を捧げることさ。色々クラブを変えてきたけど、目指すところや軸は変わっていない。今回も一緒だ。サッカーはチームスポーツ。一人ひとりが最大限を出すことで、より高みに辿り着けるんだ」
 
 これまでサラゴサ、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリーなどで活躍できた背景には、ストイックな姿勢がある。そのスタンスは今も変わらない。
 
「求められるのは、もちろん勝利につながるゴールだろう。ただし、それに限らず、監督からの要求を日々実践していきたい」

 華麗なゴールで世界のサッカーフリークを沸かせてきた。その貢献は神戸だけにとどまらないはずだ。日本全土のファンを魅了し、目を肥えさせ、ひいては日本サッカーの繁栄につながる。それはビジャも自覚しているところだ。

「観てくれている人を楽しませるのも使命だ。自分に名があることは自覚している。日本のみなさんにも、まずは僕のプレーを楽しんでもらいたい」

 日本を熱狂させる準備は着々と整いつつある。神戸でのファーストインプレッションは上々だ。それは充実感を語る言葉の端々から伝わってくる。

<後編に続く>
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
通訳●サンティ・フェラン


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索