絶好調ベンゼマが不発のR・マドリーはヘタフェとドロー。前節活躍の柴崎は…

絶好調ベンゼマが不発のR・マドリーはヘタフェとドロー。前節活躍の柴崎は…


 4月25日に開催されたラ・リーガ34節で、3位のレアル・マドリーが、柴崎岳が所属する4位(前節終了時点)のアラベスと対戦した。

 前節のセビージャ戦で約4か月ぶりの出場を果たしてゴールにも絡んだ柴崎は、ベンチスタートとなった。

 いきなりチャンスが訪れたのがマドリーだ。開始1分、イスコのスルーパスを受けたベンゼマが狙うも、枠を捉えられない。35分、39分にも絶好調の元フランス代表FWが決定機を迎えるも決めきれない。

 ヘタフェの堅牢を崩せないまま前半を終える。
 
 後半に入って49分、マドリーはパスワークからブラヒム・ディアスが敵陣深くまで切れ込んでシュート。これもゴール左に外れる。ダニエル・カルバハルの折り返しにイスコが合わせてDFにブロックされたシーンとともに、惜しいチャンスだった。

 ヘタフェにビッグチャンスが訪れたのは73分。ダミアン・スアレスの折り返しをホルヘ・モリーナが狙うも、これはGKケイラー・ナバスがセーブ。そのこぼれ球を拾ったハイメ・マタのシュートもこのコスタリカ代表GKに防がれる。

 その後はヘタフェが何度かいい形を作りだすも、ネットを揺らせず。両チーム決定打を欠き、スコアレスドローに終わった。

 柴崎には最後まで出番が訪れなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索