マンU、トッテナム、そしてウルブス――ベイルは何処へ? 英『BBC』が気になる移籍先候補と可能性を紹介

マンU、トッテナム、そしてウルブス――ベイルは何処へ? 英『BBC』が気になる移籍先候補と可能性を紹介


 今夏の移籍市場において、動向が注目を集めているのがガレス・ベイルだ。

 レアル・マドリー在籍6年目を迎えた今シーズンは、ユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウドにとって代わるエースとして期待されたものの、故障癖にも悩まされ、低調なパフォーマンスに終始。ラ・リーガでは29試合で8ゴールしか決められなかった。

 2度の監督交代や4連覇の懸かったチャンピオンズ・リーグでの早期敗退など、不振続きだった今シーズンのマドリーの、いわば戦犯となってしまった感がある。

 そのベイルは今シーズン限りでマドリーを追われると見られている。19日に開催されたラ・リーガ最終節のベティス戦後に「僕はここに残る」と明言したものの、全国紙『Marca』をはじめとするスペイン・メディアは、ジネディーヌ・ジダン監督から事実上の戦力外通告を受けたと報じており、今夏の退団は避けられないとの見方が専らだ。

 そんなウェールズ代表FWの去就に関して、英公共放送『BBC』がまとめている。
 
 最終節でベイルをベンチに置いたまま出番を与えなかったジダンの起用法を「フランス人監督の強硬策はベイルのマドリーでの未来を暗示するものだった」とした『BBC』が、新天地の候補として挙げたのが、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナム、そしてウォルバーハンプトン(ウルブス)だ。

 まず、ユナイテッド移籍について記した『BBC』は「可能性はあるが、問題がある」とし、次のように続けている。

「ユナイテッドはベイルに対して長年興味を抱き続けている。また、本人のなかでもお気に入りの一つだろう。ただ、ユナイテッドには、大枚を叩いたにもかかわらず、クラブに悲惨なものしかもたらしていないアレクシス・サンチェスがいる。ベイルはマドリーでまったく同じような状況に陥っていたため、スールシャールが求めるかは微妙だ。

 また、サンチェスとベイルが共存できるとは考えにくく、スールシャールも29歳のウェールズ人よりも若い選手の獲得に動くだろう。さらにユナイテッドがチャンピオンズ・リーグに出場しないこともネックだ」
 続いて取り上げたのが、ベイルの古巣トッテナムだ。

 トッテナムは、2007年の夏にサウサンプトンから加入したベイルが、スターダムをのし上がったクラブ。それだけに『BBC』は、古巣復帰の可能性を「魅力的だ」としたが、「ありそうもない」とも綴っている。

「トッテナム復帰はありそうもない。マウリシオ・ポチェティーノのスカッドにおいてベイルよりも年配の選手は3人しかいない。そのうちの一人であるトビー・アルデルワイレルドは今夏にチームを去る準備をしている。

 もちろん、世界的なスターの一人であるベイルは、壮大な新スタジアムを建設し、チャンピオンズ・リーグ決勝にまで辿り着いたチームに相応しく、彼らの地位が高まったと群衆に示すことができる。だが、今シーズンのトップ6のなかでもチームの総年俸が最も低く、ダニエル・レヴィ会長が財布の紐をきつく締めているトッテナムが、高給取りのベイルを望むとは考えにくい」
 
 最終候補として、『BBC』が取り上げているのが、今シーズンのプレミアリーグで望外の躍進を見せたウルブスだ。

 2016年7月に中国企業の『復星国際』に買収され、さらにポルトガル人の敏腕代理人ジョルジュ・メンデスと強固な関係を築いたことで、強化が進み、昨シーズンに2部で独走優勝。勢いそのままに、今シーズンもポルトガル人のヌーノ・エスピリト・サント監督の下で、ポゼッションスタイルを基盤に据えたサッカーでサプライズを提供し、昇格組ながら7位に滑り込んだ。

 マンチェスター・シティが2つの国内カップを制したため、7位ながら来シーズンのヨーロッパリーグ出場権(予選2回戦から)を得たウルブスは、攻撃力アップが課題となっている。そのため、ベイルは願ってもない存在と言える。

 移籍の可能性としては、「最も低い」としつつも、『BBC』は、こう記している。

「ベイルにとってウルブス行きは興味深いオプションの一つだ。ヨーロッパリーグ本選出場の可能性がある彼らは野心的だ。強力な人脈を持つジョルジュ・メンデスとの繋がりによってスター選手の獲得を望むウルブスの関係者は、機会があれば、このベイル獲得レースに参戦するはずだ」

 マドリーと2022年6月までの契約を締結しているベイルの週給は35万ポンド(約5075万円)といわれており、獲得すれば、高額の移籍金+高給を支払う必要がある。そのため、『BBC』は、「マドリーからベイルを引き抜く場合には、それなりの金銭的なインセンティブを提示しなければならないリスクがある」とまとめている。

 はたして、ベイルは今夏にマドリードを離れ、新天地を目指すのか。その動向から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索