ベースは2000年初頭のジュビロ磐田… BB秋田U-18を率いる熊林親吾は初の全国舞台へどう挑むのか?

ベースは2000年初頭のジュビロ磐田… BB秋田U-18を率いる熊林親吾は初の全国舞台へどう挑むのか?


2019年5月下旬から6月上旬にかけて、日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の東北予選が行なわれた。6チームによる総当たりの予選で、ブラウブリッツ秋田(BB秋田)U-18は2勝3分の成績を収めて3位に食い込み、7月下旬から始まる全国大会に秋田県代表として初めて駒を進めた。
 
 BB秋田U-18を率いて4年目のシーズンを送る熊林親吾は、この成果について「どちらかというとホッとしました。プレーするのは自分ではなく選手たちなので、選手を勝たせてあげたい、全国大会の舞台に立たせてあげたいという思いでやってきた。結果としてそれが実現できました」と振り返る。
 
 秋田商業高から2000年にジュビロ磐田に加わり、湘南ベルマーレや横浜F・マリノス、ベガルタ仙台、ザスパクサツ群馬などで活躍。2013年から3年間生まれ故郷のBB秋田でプレーし、2015年に現役生活を終えた。JFL時代を含め400を越える出場試合数を誇る熊林は、次のステップとして指導者の道を選び、2016年にBB秋田U-18の監督に就任した。
 
 熊林のサッカー人生の根幹には多くの指導者との出会いと、Jリーガーとしての豊富な試合経験がある。その中でも、プロ1年目に加入したジュビロ磐田は特別だったと述懐する。「選手が主体的になって自分たちでサッカーを作り上げる雰囲気がありました。今はそれがベースになっているとも言えます」
 
 だが、決して自分の理想を選手たちに押し付けているわけではないともいう。筆者が「理想のチームに近づいているか」と聞くと、「自分の理想とするサッカーを教えているわけではない。どうすれば上に引っ張られるかということを考えて、選手の良さを引き出そうとしています」と明言した。
 
 指導で大切にするのは「プレーが意図的であるかどうか」。そのことになると、熊林の言葉が熱を帯びた。「自分たちで相手のゴールまでしっかりと運んでいって、ゴールを目指す。それがまぐれであれば、絶対に上達ではない。この考えは選手時代から変わりません」
 
 BB秋田U-18は、確かなテクニックと簡単に当たり負けしないフィジカルでボールを保持し、相手の動きを見つつ、空いているスペースを狙っていくプレーが光る。狭いスペースの連係に加え、長短を織り交ぜたパスで相手を崩そうとする多彩さに加え、粘り強い守備も持ち味だ。
 
 熊林は試合に臨むうえで、相手の分析はほとんどしないという。「映像をチェックして、選手たちに最低限の情報だけ与えます。でも『相手がこうくるから絶対にこうしよう』というやり方はしないですね。なぜならそんな練習をしてもうまくならないし、それはプロになってからでいい。むしろ柔軟にいろんな戦い方をやって、上に行った時に対応できる力を養ったほうがいいです」
 
 また、選手にあまり情報を与えないのは「相手を見て、試合の中でみんなが話し合って試合を進めていくためでもある」と続ける。BB秋田U-18は日頃の練習で、ピッチの中で考える練習に取り組む。この能力を伸ばすことは熊林自身が選手時代から心がけてきたことでもあり、「それだけは選手に伝えたい」と力を込めた。
 
 熊林を取材したのは、日本クラブユースサッカー選手権1次リーグを目前にした7月12日。秋田市土崎にある練習場の一角で話を聞いていると、17時を過ぎて選手たちが続々と集まってきた。
 
 1次リーグの対戦相手は三菱養和SCユース、JFAアカデミー福島U-18、川崎フロンターレU-18の3チーム。熊林は「どことやっても相手のほうが上。でも上だろうが下だろうが、自分たちのサッカーをするだけ」と言い切る。
 
 大舞台を目前にして、選手たちのメンタルは否が応でも上がる。この時期に大切なのはコミュニケーションを深めることだと熊林は指摘する。
「声を掛け合って、自分たちを信じてプレーする。最後はチームの絆や、これまでやってきた自信をピッチでどれだけ出せるか。自分を出せるのがいい選手です」
 
 チームの目標として、決勝トーナメント進出を掲げる。その上で「1試合でも多くやりたい。選手たちの経験になるし、思い出にもなる。その先の人生も変わってくる」と選手たちの人間的な成長にも配慮する。
 
 取材の終わりに、熊林に監督業について聞いた。すると「楽しいですよ」と即答し、「楽しくないと『もっともっと』と追求できないと思う。選手時代よりも色んなことを考えなきゃいけないし、大変さはあります。そこで努力するからキツい。でもキツいことをやらないと絶対に上にいけない。それは選手時代から変わりません。まだまだこれからですね」と熱い言葉で締めくくった。
 
 U-18を「長兄」とするBB秋田アカデミーの大きな目的は、トップチームに選手を送り出すこと。熊林はそれをしっかりと把握し、秋田のサッカーのために活動の幅を広げた。そのひとつが、トップチームのコーチ就任だ。
 
 熊林は2019年から、トップチームのコーチとしても活動をスタートした。スケジュールが許す限り練習に加わり、用具の準備なども積極的に行ないながら、折を見て選手たちに声を掛けてサポートする。その目的はトップチームの強化にほかならない。トップチームをJ2、J1に押し上げることが、アカデミーの選手たちにとっても魅力的な選択肢となる。つまり秋田の子どもたちが、地元で活躍できるための環境づくりでもあるのだ。
 
 熊林は選手の力を引き出すために、彼らとしっかり向き合う。そうすることで、秋田のサッカーを変えようとしている。
 
取材・文●竹内松裕(フリーライター)
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索