【J1展望】松本×広島|両ストライカーの起用法に注目! 韋駄天・前田大然はラストマッチに?

【J1展望】松本×広島|両ストライカーの起用法に注目! 韋駄天・前田大然はラストマッチに?


J1リーグ20節
松本山雅FC − サンフレッチェ広島
7月20日(土)/18:00/サンプロアルウィン
 
松本山雅FC
今季成績(19試合終了時):17位 勝点17 4勝5分10敗 10得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●前節は磐田とのシックスポインターを落とす。
●前田は欧州移籍が濃厚な状況
●移籍してきた山形のエース阪野が初陣を飾るか。
 
【担当記者の視点】
 磐田を迎えた前節は先制点を奪えずにいると、オープンな展開となった後半にスペースを与えてカウンターから被弾。0-1で“裏天王山”に敗れた。得失点差で鳥栖、磐田と並んでおり、苦境に立たされている。加えて、広島とは過去のリーグ戦で3戦全敗と相性が悪く、今回も難しい戦いを余儀なくされることは間違いないだろう。
 
 ポルトガル1部・マリティモへのレンタル移籍が濃厚な前田大然は、この試合を最後に慣れ親しんだ松本を後にする。最後に大暴れして勝点3を置き土産にするべく強い気持ちを持って臨むだろう。
 
 また、夏の移籍ウインドーで阪野豊史と高木利弥が加入。山形のトップスコアラー・阪野は引っ越しなどでコンディションが懸念されるが、実戦感覚には問題ないため途中出場でのデビューも考えられる。
J1リーグ20節
松本山雅FC − サンフレッチェ広島
7月20日(土)/18:00/サンプロ アルウィン
 
サンフレッチェ広島
今季成績(18試合終了時):7位 勝点28 8勝4分6敗 23得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●D・ヴィエイラが負傷から復帰。
●青山、鳥栖とのトレーニングマッチでゴール。いよいよ復帰までカウントダウン。
●フォーメーションの変更、起用法、バリエーションが複数に。
 
【担当記者の視点】 
 確かにパトリックは得点に絡んではいるし、守備のスキルを上げようと努力も欠かさない。その頑張りに対しては敬意を表するべきだが、特に守備におけるクオリティが一気に向上するわけではない。
 
 安定した攻守を表現するためには、最も安定感のあるD・ヴィエイラの1トップを採用するのが近道なのは、紛れもない事実だろう。だからこそ彼に対する指揮官の期待も高く、まだ100%のコンディションではない彼を先発候補として、今週はトレーニングを行なってきた。
 
 一方、得点をとりにいくとシフトした時にパトリックを起用して2トップに変更したフォーメーションは、紛れもなく破壊力抜群。攻撃のコーディネートはD・ヴィエイラに任せ、パトリックが常に裏を狙いにいく形になると、相手DFに与える脅威は疑いない。今週は、攻撃で効果を発揮している4−4−2のフォーメーションを様々な人員配置で試しており、城福監督も戦術的な選択肢のひとつとして、スタートからこの形を考える可能性も探っているようだ。
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索