「牢屋に入っているようなもの」大怪我を乗り越えたフットボーラーたちの物語【小宮良之の日本サッカー兵法書】

「牢屋に入っているようなもの」大怪我を乗り越えたフットボーラーたちの物語【小宮良之の日本サッカー兵法書】


<サッカー選手と怪我>

 それは、理不尽さとの格闘だろう。

「なぜ自分が!?」

 その答えはどれだけ考えても出てこない。運命の悪戯、というのは陳腐な表現だろう。怪我を乗り越える間は、地獄にも思える日々を過ごす。完治するのか、完治しても以前のようなプレーができるのか、そして再発はないのか。恐れは心を蝕む。迫り来る不安で心は軋む。

 しかし彼らはほぼ一念だけで、その苦難を克服する。

「もう一度、ボールを蹴りたい」

 スペイン代表として活躍したファン・カルロス・バレロンは前十字靱帯を断裂後、1年をかけて復帰した直後にほぼ同じ箇所を痛めている。絶望に打ちひしがれても不思議ではない。長い治療、辛いリハビリの後、すぐの仕打ちだった。

 運命を呪ってもおかしくはないが、バレロンは諦めなかった。再び怪我を治して復帰に励み、雄々しくピッチに立っている。そして2部に降格したデポルティボ・ラ・コルーニャを1部に引き上げた。

 そして最後の使命を果たすかのように、40才近くになって故郷ラス・パルマスに帰り、2年目で見事に1部昇格に導いている。1年目は昇格プレーオフで後半アディショナルタイムに敗れていたのだった。
 
 その不屈さは、賞賛に値する。

「不安や怖さよりも、ボールを蹴れる喜びが優るだけ。とても幸せな気持ちになれるからね」

 バレロンは聖人のような笑顔で言う。

 その純粋な気持ちは伝播するのか。バレロンが戻ったラス・パルマスは、チームとして神懸かっていた。怪我という不条理を乗り越えた選手が先頭に立った集団は、しぶとさを見せるのか。

「本当にサッカーをやめようと思いました」

 拙著『アンチ・ドロップアウト』(集英社)の中で、3度目の前十字靱帯断裂を経験した財前宣之(当時モンテディオ山形)が語っていた。

「やりたくても、サッカーをやれないわけじゃないですか? 靱帯は復帰までに少なくとも半年以上、約1年ですから。(その間は)牢屋に入っているようなもんですよ。靱帯を切ると、信じられない痛みでもんどり打って倒れるんですけど、3分もすると激痛はやむんです。でも、ドクターから注射器を幹部に差し込まれ、血が出るとアウト。靱帯が切れている、という合図。このときはブルーになりますよ」
 
 3度目の試練だった。

「自分として、続けるのはもうきつかった。靱帯をかばうことで、他の箇所も故障していたので。また切ってしまうかもという不安もあった。でも、『10番をやる』とクラブ(ベガルタ仙台)の人が言ってくれて。それだけで、もう一度頑張ろうって思ったんです」

 そして財前は復帰した後、仙台をJ2からJ1へ昇格させる立役者となった。

 サッカー人生に逞しく向き合う姿は、周りの選手も勇気づける。理不尽さとの格闘。サッカー選手なら、共感できる思いがあるのだ。

 以下はバレロンの回想である。

「自分は兄が試合中のタックルで膝を壊され、選手生命を絶たれてしまった。とても辛いはずなのに、兄は気丈に振る舞い、弟の僕を励ましてくれた。その姿が力になったんだ」
 
文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索