「彼は留まるだろう」“戦力外”から一転、救世主となったベイルをジダン監督が称賛!

「彼は留まるだろう」“戦力外”から一転、救世主となったベイルをジダン監督が称賛!


 現地時間8月17日、2019-20シーズンのラ・リーガ開幕節で、セルタとのアウェー戦に臨んだレアル・マドリーは、3−1の快勝を飾った。

 驚きだったのは、ジネディーヌ・ジダン監督がガレス・ベイルを先発で起用したことだ。

 昨シーズン終了後にこのフランス人指揮官から“戦力外”を伝えられたウェールズ代表FWは、今夏に中国の江蘇蘇寧への移籍が目前に迫っていたものの、合意寸前でマドリーが翻意し、破談に。もはや買い手が付かず、ジダン監督も戦力と考えていると示唆していたとはいえ、スタメンというのはサプライズだった。

 その抜擢に応え、開始12分に左サイドでボールをキープしたベイルは、絶妙のクロスでカリム・ベンゼマの先制ゴールをアシスト。GKの好セーブに防がれたものの、43分にもカウンターから惜しいチャンスを作り出すなど、文字通り攻撃を牽引した。
 
 故障で新戦力のエデン・アザールを欠いたチームの救世主となったベイルについて、ジダン監督は試合後の会見で次のように言及した。スペイン紙『AS』紙などが伝えている。

「ガレスは、他の選手と同じようにここにいる。出来には満足している。彼は(チームに)留まるだろう。アザールの故障は不運だったが、それでベイルを先発させるプランになったわけではない」

 アザールがいてもベイルは先発だった――。そう語ったジダン。マルコ・アセンシオの長期離脱などで背に腹は代えられず、ベイルに賭けるギャンブルがひとまずは成功した格好となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【久保建英PHOTO】R・マドリーで躍動するワンダーキッドの最新厳選フォトをお届け!
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索