【J1採点&寸評】湘南2−3鳥栖|90+5分にドラマ!劇的決勝弾の金井をMOMに選出

【J1採点&寸評】湘南2−3鳥栖|90+5分にドラマ!劇的決勝弾の金井をMOMに選出


[J1リーグ23節]湘南2-3鳥栖/8月17日(土)/BMWスタジアム平塚
 
【チーム採点・寸評】
湘南 6
前半は硬さも見られ、先に2点を奪われる展開に。だが松田のゴールで1点を返すと、さらに後半、古林が押し込み同点に追いつく。スタジアムの後押しもありその後も攻勢に出たが決め切れず、試合終了間際に失点した。反面、いつも通りにプレーすることが難しい状況のなかで、高二コーチの指揮のもと、自分たちらしさをしかと傾けた。
 
【湘南|採点・寸評】
GK
1 秋元陽太 6
最後尾で仲間を鼓舞。失点シーンはゴール前に詰め寄られ防ぎきれなかったが、決定機を阻み、キックやスローは攻撃の足がかりとなった。
 
DF
13 山根視来 6
持ち前のドリブルやFWへのクサビで攻撃の推進力を喚起。ボックスに進出し、ラストパスも供給した。
 
4 坂 圭祐 6
空中戦を制し、背後もケア。打点の高いヘディングで得点シーンを演出したほか、自らも際どいシュートを放った。

8 大野和成 6
タイトな寄せで相手の自由を奪い、ゴール前で身を挺す。機を捉えて駆け上がり、攻撃にも加わった。
 
MF
50 古林将太 6(74分OUT)
ドリブルやクロス、シュートも重ねて右サイドで攻撃を活性化。失点の場面ではクエンカに先手を取られるも、起死回生の同点ゴールを押し込んだ。
 
16 齊藤未月 6
攻守に走力を発揮。ミスはあったものの、守備から縦パスやサイドチェンジで攻撃にアクセントを加えた。
 
19 金子大毅 6
インターセプトのほか、自陣ゴール前でも身体を張った。かたやゴール前に駆け上がりチャンスも演出した。
5 杉岡大暉 6
鋭い動き出しでインターセプトを狙い、クロスでゴール前の勝負を演出。ドリブルで切れ込む場面もあった。
 
FW
18 松田天馬 6.5
冷静にゴールを沈めて反撃の狼煙を上げたほか、数多くボールに係わり攻撃のリズムを喚起。小柄ながら空中戦を含めて球際の強さも示した。
 
11 山﨑凌吾 6.5
前線で起点をつくり、シュートやラストパスで攻勢を牽引。かたや最前線でハイプレスを仕掛け、1対1でボールを奪う場面もあった。
 
15 野田隆之介 6.5(68分OUT)
高い位置で奪うなど攻守に献身。得点に係わったほか、意表を突くロングシュートなどゴールへの意欲をプレーに示した。

交代出場
FW
20 クリスラン ―(68分IN)(81分OUT)
野田に代わって最前線に。セットプレーの流れでシュートを放った際に負傷し、交代した。
 
DF
6 岡本拓也 6(74分IN)
交代で右サイドに入るや相手陣内深くに侵入しクロスでチャンスを演出。攻撃の推進力を加速させた。
 
10 山田直輝 ―(81分IN)
負傷したクリスランに代わってシャドーに入る。左サイドで起点をつくるなど限られた時間のなかで攻守に駆けた。
 
コーチ
高橋健二 6
一連の報道を受け、ピッチに集中することが難しい状況のなかで、冷静に、且つ粛々と選手たちを自分たちのサッカーへと導いた。
 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 6.5
相手を広げながらセカンドボールで上回り、流れを引き寄せた前半。クエンカが2ゴールを奪い優位に立ったが、すぐに1点を返され折り返すと、後半はセカンドボールで後手を踏み、同点に追いつかれる。さらに守勢は続いたが、これを凌ぐと、試合終了間際に新加入の金井が決勝点。アウェーで貴重な勝点3を積み上げた。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
18 高丘陽平 6
2失点こそしたものの、鋭い反応で身を挺し、相手の決定機を幾度も阻止。クロスにも冷静に対処した。
 
DF
41 松岡大起 6
ビルドアップに係わり、相手のハイラインの背後を突いてパスを送るなど攻撃のリズムをつくった。
 
15 パク・ジョンス 6.5
ゴール前のピンチで繰り返し身体を張った。相手のビルドアップを読んで起点を潰し、縦パスも供給した。

22 原 輝綺 6.5
積極的に攻め上がり、チャンスを演出。2アシストのほか、自らシュートも放った。
 
MAN OF THE MATCH
5 金井貢史 7
5年ぶりの復帰初戦でフル出場。相手の決定機で身体を張る一方、攻撃の組み立てに関わり、試合終了間際に貴重な決勝点を挙げた。
 
MF
39 金森健志 6
ドリブルや裏への動き出しで推進力を引き出し、シュートも意欲的に狙う。追加点にも係わった。
 
36 高橋秀人 6
ラインを統率し、守備に献身。空中戦では坂の後手を踏んだが、ゴール前で幾度も体を張った。
 
4 原川 力 ―(8分OUT)
立ち上がりからパスを供給したが、まもなく負傷。無念の交代となった。
 
FW
25 アン・ヨンウ 6(66分OUT)
右サイドから積極的に仕掛け、クロスを送るなど攻勢を喚起した。
 
44 金崎夢生 6.5
自身の得点はなかったが、スペースに流れるなどして前線で粘り強く起点をつくり、ゴールへと導いた。
 
7 イサック・クエンカ 6.5(81分OUT)
意欲的にフィニッシュを重ね、ゲームを優位に進める2得点。守備にも献身した。
 

交代出場
MF
6 福田晃斗 6(8分IN)
原川の負傷により急きょ交代。守備では寄せきれない場面もあったが、裏へのパスなど攻撃にアクセントを加えた。
 
FW
40 小野裕二 6.5(66分IN)
安に代わり左サイドへ。決勝ゴールの場面では右へ流れて起点をつくり、豊田にクロスを合わせた。
 
11 豊田陽平 6.5(81分IN)
限られた時間のなか、ヘディングの強さを示し、小野のクロスに合わせて決勝点をアシストした。
 
監督
金明輝 6.5
リーグ戦の合間に天皇杯を挟むタフな日程のなかで、交代選手が決勝点を演出して劇的勝利。リーグ戦アウェー2連勝を果たした。
 
取材・文●隈元大吾(フリーライター)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索