名古屋、ジョーカー赤﨑秀平の劇的弾で土壇場ドロー!松本は10試合ぶりの白星を目前で逃す

名古屋、ジョーカー赤﨑秀平の劇的弾で土壇場ドロー!松本は10試合ぶりの白星を目前で逃す


 J1リーグ23節の松本山雅FC対名古屋グランパスが18日、サンプロ・アルウィンで行なわれ、1−1の引き分けに終わった。
 
 松本は5月26日の13節・名古屋戦から9戦連続で未勝利。この負の流れを止めるべく挑んだホームゲームで、FW永井龍が先制点を挙げる。
 
 スコアレスで迎えた80分、センターサークル付近でボールを受けたセルジーニョが、敵DFラインの裏を狙ってスルーパス。ここに走り込んだストライカーが冷静にGKとの1対1を制し、右足でゴールに流し込んだ。
 
 このゴールには松本の反町康治監督も会心のガッツポーズを見せ、前半から度々チャンスを迎えていた永井自身もサポーターの下に駆け寄り、歓喜を分かち合った。
 
 しかし、名古屋も意地を見せる。失点後の82分に投入されたFW赤﨑秀平が、終了間際の90+2分に仕事をやってのけた。
 
 最終ラインのエドゥアルド・ネットが左足で正確なフィードを前線に送ると、赤﨑が巧みにスペースに抜け出し、飛び出してきたGKの鼻先でヘディングシュート。これがネットを揺らし、スコアをタイに戻した。
 
 そのまま試合は1−1で終了。松本は目前まで迫っていた10試合ぶりの白星を逃し、名古屋は劇的な終了間際のゴールで勝点1を拾った。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索