F・トーレスが明かした、引退試合で思わず涙しそうになった瞬間

F・トーレスが明かした、引退試合で思わず涙しそうになった瞬間


 J1リーグ24節のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸が8月23日、駅前不動産スタジアムで行なわれ、鳥栖が1−6で神戸に敗れた。現役ラストマッチとなったフェルナンド・トーレスはフル出場した。
 
 F・トーレスは得点こそならなかったものの、後半にはペナルティエリア内のこぼれ球に反応し、何度かゴールに迫るシーンもあった。前線で好連係を見せた金森健志や金崎夢生のチャンスも演出している。
 
 ゲームには敗れてしまったが、F・トーレスは現役引退試合を終えて想いを語った。
 
「まず何よりも自分は恵まれた人間だと思います。サッカー人生は楽しみながらやってきて、好きなことを仕事にできて恵まれた人生だった」

 プロサッカー選手としての生活は終えたが、F・トーレスは最後の1日での感動した瞬間を明かした。
 
「ビジャとイニエスタと抱き合って、ちょっとそこは涙がこらえきれない瞬間でした。でも今日は悲しくないです。こういう終わり方ができて幸せな気持ちです」
 
 やはり、スペイン代表でともにプレーしたイニエスタとビジャは特別な存在のようだ。そんなふたりとラストマッチで同じピッチに立てたF・トーレスにとっては、特別な日になっただろう。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【F・トーレス PHOTO】スペインの貴公子ラストゲーム

【鳥栖 1-6 神戸 PHOTO】神戸が攻守に渡って鳥栖を圧倒。ゴールラッシュの完勝を飾る


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索