「FWの選手に助言をするなら…」F・トーレスが引退試合で残したストライカーとしての金言

「FWの選手に助言をするなら…」F・トーレスが引退試合で残したストライカーとしての金言


 8月23日、J1リーグ24節のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸の一戦で、フェルナンド・トーレスが現役を引退した。
 
 ゲームは1−6で鳥栖が神戸に大敗したが、F・トーレスは果敢にゴールに迫った。63分と終盤にはペナルティエリア内でこぼれ球に反応したものの、シュートは惜しくも枠の外。有終の美を飾れなかったが、チャンスに絡んだプレーでは大いに会場が沸いた。
 
 ラストマッチはノーゴールに終わったが、これまで欧州などのトップレベルで多くの得点を決めてきたワールドクラスのストライカーであることに変わりない。そんなF・トーレスが引退試合の後、FWとしてプレーしてきたことについて、こう語っていた。
 
「ひとりの人間がFWを選んで、そこでプレーしていくと選んだのであれば、ゴールを決めなければならないです。その人間がレギュラーとしてピッチに立っているということは、ゴールを決めているから。だから、やはりゴールを決め続けなければいけない。良いプレーをしたとしても、ゴールを決めなければ監督から外されてしまいます」
 F・トーレスが世界的なストライカーとして、スター街道を突っ走る原動力となっていたのは、紛れもなくゴールである。アトレティコ・マドリーやリバプールのみならず、スペイン代表でも多くの貴重な得点を決めて評価されてきた。

 だからこそ、F・トーレスは最後に次のような金言を残した。

「なので、FWの選手に助言をするなら、『ゴールを決めなさい』。別に上手いプレーをしろとか、そんなことは要らないです。『ゴールを決めろ』それだけを言いたいです」
 
 F・トーレスのゴールは残念ながらもう見れない。ただ今度は、この世界的ストライカーのラストメッセージを体現するような、日本人FWの台頭に期待したいところだ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【F・トーレス PHOTO】スペインの貴公子ラストゲーム

【鳥栖 1-6 神戸 PHOTO】神戸が攻守に渡って鳥栖を圧倒。ゴールラッシュの完勝を飾る


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索