【採点&寸評|C大阪】2-0で磐田に完勝。攻守にフル稼働したDFを最高評価に

【採点&寸評|C大阪】2-0で磐田に完勝。攻守にフル稼働したDFを最高評価に


[J1第24節]磐田0-2C大阪/8月24日/ヤマハ
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 6.5
磐田のアグレッシブなプレスにも慌てず、パスワークの質で上回る。チャンスを確実にモノにする決定力の高さに加え、押し込まれる展開でも冷静かつ強固な守備でゴールを許さず。格の違いを見せつける完封勝利だった。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
43分のアダイウトンの強ミドルをストップ。押し込まれた後半も確実なセービング。
 
DF
2 松田 陸 5.5
対峙するアダイウトンに手を焼いたか。それでも、最後の最後は防ぎ切る粘り強さも。
 
14 丸橋祐介 6.5 MAN OF THE MATCH
正確なFKを突き刺して先制点をゲット。攻撃参加のタイミングも良く、守備に回っても隙を見せずに相手の侵入を食い止めた。
 
15 瀬古歩夢 6.5
序盤に惜しいヘディングシュート。自陣ゴール前では盤石のクロス対応で撥ね返した。
 
22 マテイ・ヨニッチ 6.5
鋭い読みのインターセプトなど、集中力の高いディフェンスでピンチを未然に阻止。
 
MF
5 藤田直之 6.5
中盤の底でテンポの良い捌き。42分の松田を走らせたロングパスは秀逸だった。
 
6 レアンドロ・デサバト 6(72分OUT)
球際で激しく戦い、ミドルゾーンの守備強度をキープ。スペースもしっかり埋めた。

【横浜 1-2 C大阪 PHOTO】奥埜の2得点でC大阪が勝利!
MF
7 水沼宏太 6.5(85分OUT)
随所に切れ味鋭い仕掛けを披露。カウンターから相手DFを振り切って、鮮やかな追加点。
 
10 清武弘嗣 6(77分OUT)
丸橋との息の合った連係で左サイドからチャンスメイク。“タメ”の作り方も上手かった。
 
FW
20 ブルーノ・メンデス 5.5
献身的な守備で高い貢献。しかし、FWとしての仕事ぶりはやや迫力不足だった印象だ。
 
25 奥埜博亮 6.5
巧みなスペースへの動き出しでボールを引き出す。後半途中からボランチ、左サイドでプレー。

途中出場
FW
18 鈴木孝司 5.5(72分IN)
B・メンデスと2トップを組む。ゴールを狙ったが、オフサイドにかかるなど奏功せず。
 
DF
16 片山瑛一 ―(77分IN)
2列目右サイドでいくつかのチャンスを演出。出場時間が15分未満のため採点なし。
 
DF
3 木本恭生 ―(85分IN)
ボランチに入り、クローザーの役目を完遂。出場時間が15分未満のため採点なし。
 
監督
ロティーナ 6.5
攻守にメリハリを利かせて、危なげないゲームマネジメント。ベンチワークも的確だった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索