「いつの日かここに… 」F・トーレスが“日本愛”を海外メディアに語る!これからの夢は?

「いつの日かここに… 」F・トーレスが“日本愛”を海外メディアに語る!これからの夢は?


 8月23日に行なわれたJリーグ第24節、サガン鳥栖対ヴィッセル神戸の一戦で、元スペイン代表のフェルナンド・トーレスがそのキャリアに終止符を打った。

 盟友であるダビド・ビジャ、アンドレス・イニエスタとのラストマッチに1-6という大差で敗れた様子を、欧州衛星スポーツチャンネル『Sky Sports』は「元リバプール&チェルシーのストライカーのキャリアは大敗で終わった」と伝え、こう続けた。

「フル出場した名ストライカーは、自身を慰めるゴールを決めることもできず、試合を終えた。失意のなか、トーレスは引退セレモニーでサポーターに挨拶し、チームメイトに胴上げされて宙を舞った。

 試合後の会見で彼がまず語ったことは、感謝だった。『日本という国、そしてここを訪れた最初の日から、僕を歓迎し、助けてくれたすべての日本人に感謝したい。そして、僕がプレーをしている間、常に尊敬の念をみせてくれたライバルチームと、そのファンにもありがとうと伝えたい』と彼は切り出した」

 その後も、『Sky Sports』はトーレスが語った“日本愛”について、詳細に綴っている。

「日本の人々は、私にとても多くのことを教えてくれた。周囲にいる人々だけではなく、自分たちすべてのものに対して敬意を払い、尊重してくれる。根本的な価値観、人が持つべきリスペクトを学ぶきっかけをくれて、本当にありがとう。私たち家族に対するプライバシーやマナーの守り方についても感謝しかない。

 この国はとても美しく、尊敬されるべき国だと思う。まだ行ってみたい場所がたくさんあるし、試してみたい食べ物もたくさんある(笑)。ここは、第二の故郷と呼べる場所になったよ」

 引退前に行なわれた『DAZN』のインタビューでは「東京のイメージが強かったけれど、実際に来てみたらトラディショナルな日本家屋や神社、郊外の景色などが多くて、期待以上だった」と明かしていたF・トーレス。“日本愛”、そして“鳥栖愛”は引退したとしても変わらないようだ。

 今後、トーレスはサガン鳥栖のチームアドバイザーに就任することが決まっている。海外メディアに、鳥栖をどのように導くのかと問われたトーレスは、このように夢を語ったという。

「これからは、クラブをより良くするためのことを考えていきたい。鳥栖の会長と、スポーツディレクターとできることを一緒に考え、よりサポーターに誇りに思ってもらえるようなクラブにしていく手助けをしたい。

 チームスタイルを確立し、クラブの周りを取り囲む全ての人をポジティブな人間で固めたい。これは本当に重要なんだ。ただ、何事も簡単なことではないので時間がかかるだろう。ただ、真剣に取り組み続けていればいつか、鳥栖がタイトルを獲得するときが来るかもしれない。その時は、皆で一緒に喜びたいと思うよ」

 鳥栖がタイトルを手にしたその日、サポーターは再び、トーレスが胴上げされる光景を目にするのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索