王者・川崎の足踏みの原因は?清水戦で1ゴールのL・ダミアンの見解は…

王者・川崎の足踏みの原因は?清水戦で1ゴールのL・ダミアンの見解は…


[J1リーグ24節 ]川崎2-2清水/8月24日/等々力
 
 J1・24節、ホームで清水と対戦した川崎は、14分にレアンドロ・ダミアンのゴールで先制するも、その後、逆転を許し、79分に途中出場した小林悠の意地の一発で辛くも引き分けた。試合前に首位のFC東京、2位の鹿島が引き分け、差を縮めるチャンスだっただけに、悔いの残るドローだ。残り10試合でFC東京との勝点差は8のままとなった。
 
 ここ5戦は3分2敗と、リーグ3連覇を目指すチームは、よもやの足踏みを見せている。過去2年は夏場で勝点を稼ぎ、戴冠を果たしてきたが、今季はなぜ失速してしまっているのか。
 
 清水戦では9試合ぶりに先発出場し、ゴールを決めたL・ダミアンに改善点を訊くと、次のように答えてくれた。
 
「ゴールチャンスは各試合で多く作っています。だからこそ、それをどれだけ決め切れるか。自分たちがしっかりゴールを取れば、相手は沈んでいくはずです。大事なのは自分たちがやれることを落ち着いてできるか。チームメイトは長い期間、同じチームでプレーしていますし、自分たちが2連覇した意味をしっかり理解してプレーすべきです。今までやってきたことをしっかり出せば、自ずと勝利に近づけるはずです」
 
 この日も前半の好機をモノにできず、30分にはドウグラスのFKで同点に追い付かれ、後半は相手を押し込むも、ショートカウンターで65分に失点。なんとか追いついたものの、序盤のチャンスを活かしていれば、より楽にゲームを運べたはずだ。
 
 その意味ではリーグ3連覇へ、自慢の攻撃陣のさらなる奮起が必要なのかもしれない。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)


【川崎 2-2 清水 PHOTO】5戦未勝利が続く川崎。清水とのシーソーゲームは2−2のドロー決着


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索