「久保建英はエトーとボルハを手本にせよ」マドリーからマジョルカに渡って成功した名手をスペイン紙が特集!

「久保建英はエトーとボルハを手本にせよ」マドリーからマジョルカに渡って成功した名手をスペイン紙が特集!


 現地時間8月22日、レアル・マドリーの久保建英がラ・リーガ1部のマジョルカに1年間のレンタル移籍をすることが発表された。

 スペインの2部B(実質3部)に属するカスティージャ(Bチーム)でプレーする選択肢もあったが、1部のクラブで武者修行をする決断を下したのだ。

 その久保の期限付き移籍を受けて、スペイン紙『AS』は過去にマドリーからマジョルカに渡った名手を引き合いに、「クボはエトーとボルハを手本にする」と題した記事を掲載している。

 最初に「模範にするべき例」として取り上げたのが、カメルーン代表の英雄サミュエル・エトー(現カタールSC)だ。記事によると、マジョルカでは2000〜04年に在籍し、154試合に出場して66ゴール・7アシスト。02‐03シーズンには、クラブ史上初の主要タイトルとなるコパ・デル・レイ制覇に貢献するなど、マジョルカの歴代トップスコアラーとして、その名を刻んでいる。

 1996年にマドリーの下部組織に加入したエトーは、17歳でトップデビューを飾った後、レガネス、エスパニョールを経て、3チーム目のレンタル先として00年1月にマジョルカに加入。半年間で13試合・6ゴールと活躍し、完全移籍を勝ち取った。

 そして、計3シーズン半に渡りプレーしたマジョルカで声価を高め、バルセロナに移籍。この時、マドリーが買い戻しオプションを行使しようとしたが、EU外選手枠の空きがなかったこともあり、宿敵のユニホームを纏うことになった。

 そのバルサでゴールを量産し、インテルに移籍した09‐10シーズンにはイタリア史上初の3冠に貢献。エトーは、世界的なストライカーとしての地位を確立していった。
 
 もうひとり「成功例」として紹介されたのが、元スペイン代表MFボルハ・バレロ(現インテル)だ。2007‐08シーズンと09‐10シーズンの二度に渡ってマジョルカに在籍し、78試合に出場して9ゴール・15アシストという結果を残した。

 マドリーのカンテラで育ったボルハ・バレロは、トップチームでは公式戦2試合の出場に留まり、07年にマジョルカに完全移籍。翌シーズンに、イングランドのウェストブロムウィッチ・アルビオンに籍を移し、09年夏にレンタルでマジョルカに戻ってきた。

 その後はビジャレアル、フィオレンティーナ、そしてインテルと渡り歩き、洗練されたテクニックと優れた戦術眼を武器に、いぶし銀の活躍を見せている。

 このボルハもエトーと同じく、マドリーからマジョルカへ渡ったことがステップアップの第一歩となった。はたして久保は、この両雄のように、今回のチャンスを活かして飛躍のきっかけと掴めるのか――。18歳の若武者の挑戦が幕を開ける。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索