【J1採点&寸評】札幌1−3仙台|元モザンビーク代表CBが攻守両面で輝く!仙台が組織的な守備で終始圧倒

【J1採点&寸評】札幌1−3仙台|元モザンビーク代表CBが攻守両面で輝く!仙台が組織的な守備で終始圧倒


[J1リーグ26節]札幌1-3仙台/9月14日/札幌厚別公園競技場

【チーム採点・寸評】
札幌 5
前半からボール保持をする時間こそ多かったものの、仙台の守備ブロックを崩せず、余計なパスを蹴っては相手を楽に守らせてしまった。後半は攻撃の枚数を増やすも、単純に前の人数が増えただけで終わってしまった。

【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 6
立ち上がりのビッグセーブをはじめ、守備のところではさすがのプレーぶりも3失点。ボール保持時にも危うさがあった。

DF
26 早坂良太 5(HT OUT)
3バックの一角として先発したが、プレー判断の質とスピード不足が露見。前半で退くことになってしまった。

20 キム・ミンテ 6
なかなかディフェンスラインを高く保つことができなかったが、DF陣の問題よりも中盤の守備がパワー不足だった。
 
5 福森晃斗 5
広いエリアをカバーしていたものの、周囲との連係があまり取れておらず、何度もピンチを招いた。

MF
7 ルーカス・フェルナンデス 5.5 
サイドチェンジから高い位置でボールを受ける場面が多くあったが、数的不利な局面が多く、決定機にはつなげられず。

27 荒野拓馬 6(80分OUT)
奮闘ぶりは目立つも、プレークオリティが追いついていないという状況だった。得点となったミドルはあまりにも見事だった。

10 宮澤裕樹 5.5 
守備ブロックの間でパスを受けた際も、そこから縦にスピードアップすることができず、敵に余裕を与えてしまっていた。
MF
19 白井康介 6(67分OUT)  
自身のプレーエリアでは、相手のバランスが悪い時間帯があったため、アグレッシブな動きが活きていた。

18 チャナティップ 6
立ち上がりは疲れもあったのか、守備網に素早く囲まれ、なかなかボールが足につかない場面が目立った。しかし時間が経つにつれて、その脅威的なキープ力で観衆の視線を集めていった。後半途中には、決定機になるような相手のカウンターを見事なボールカットで阻止。守備でもチームを助けていた。

9 鈴木武蔵 5.5 
なかなかいい形でパスを受けられなかった。技術面でのミスもあり、十分な活躍ができなかった。

FW
48 ジェイ 5
前線でパワーを発揮しようとしたが、相手の巧みな守備に封じられてしまい、徐々にミスも増えてしまった。
 
交代出場
MF
8 深井一希 5(HT IN) 
ボールに対して飛び込むタイミングを見誤って、相手に決定機を与えるなど、全体的に低調なプレーとなってしまった。

FW
11 アンデルソン・ロペス 5(67分IN)
1点を追う展開のなかで投入される。前線が混雑するシチュエーションでのプレーとなり、完全な不発に終わってしまった。
 
FW
4 菅 大輝 5.5(80分IN)
終盤に左サイドに投入され、好機には絡めていたものの、得点を奪いきることができず。福森との連係も芳しくなかった。

監督
ペトロヴィッチ 5
内容面で完全に仙台にしてやられた。さらに、そのなかで効果的な手を打てず、良策を見い出すことができなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
仙台 7
見事なパフォーマンスだった。4−4−2の布陣が終始コンパクトさを保ち、前線からの守備もしっかりと機能。セカンドボールへの出足で完全に札幌を上回り、押し込まれた場面でも粘り強く守ることができていた。

【仙台|採点・寸評】
GK 
24 ヤクブ・スウォビィク 6
悪くないパフォーマンスだったが、若干慌ててしまう場面が目についた。それでも肝心な局面は封じた。

DF
4 蜂須賀孝治 6
相手の勢いに押されてしまう部分もあったが、前線に出て行く場面は思い切りがあり、歯切れがよかった。

MAN OF THE MATCH
23 シマオ・マテ 7
相手のストライカー、ジェイに仕事をさせることなく、鈴木の仕掛けもシャットアウト。身体能力をベースに見事な守備を披露して、決勝点もゲットした。
 
13 平岡康裕 6.5
90分間を通して常に正しいポジションを取り続け、相手のクロスやフィードをしっかり跳ね返した。クレバーにプレーしていた。

2 永戸勝也 6.5
CKから2得点を演出したのをはじめ、流れのなかでも斜めのクサビでチャンスメイクをするなど、攻撃に大きく貢献していた。

MF
17 富田晋伍 6.5 
守備ブロックの中盤部分でリーダーシップをとり、球際でもハードに戦っていた。試合終盤も粘り強く札幌の攻撃を止めた。

8 松下佳貴 6
パフォーマンスが突出していたわけではないが、組織的な攻守のなかでしっかり役割を果たし、長いランニングから先制点も奪った。
 
18 道渕諒平 5.5(72分OUT)
後半は多少疲れが出たのか、サイドチェンジをされた場面で後手に回ってしまうことが多く、数少ない守備の隙を作ってしまった。

7 関口訓充 6.5(67分OUT) 
冷静にプレーをすることでチームに落ち着きを与えていた。敵地での完勝劇に大きな貢献を果たした。

FW
9 ハモン・ロペス 6.5
カウンター時に的確な位置取りと走り出しを見せて、相手守備陣の脅威となった。試合終盤には勝利を確定させる得点をゲット。

38 長澤 駿 6(78分OUT)   
ビッグプレーがあったわけではないが、サイズを生かしたボディコンタクトで存在感は示せていた。
 
交代出場
MF
14 石原崇兆 6(67分IN)
疲れが見えてきた関口に代わっての出場で、積極性を見せた。相手が勢いを持って攻めてきたため難しさもあったが、奮闘した。

MF
6 兵藤慎剛 6.5 (72分IN)
守備が後手に回っていた道渕に代えて投入され、見事に右サイドの守備を安定させた。さすがの経験値と言っていいだろう。

FW
19 ジャーメイン良 ー(78分IN)
札幌が前がかりになった時間帯に、サイドでパスの受け手となり、鋭いカウンターを発動させていた。

監督
渡辺 晋 6.5
チームが見事なパフォーマンスを披露したことに加え、サイドの守備修正も的確で、ベンチワークでもホームチームを上回った。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索