ブレーメンが”昇格組”ウニオンを破ってリーグ戦2連勝! 大迫勇也は先発し、69分までプレー

ブレーメンが”昇格組”ウニオンを破ってリーグ戦2連勝! 大迫勇也は先発し、69分までプレー


 現地時間9月14日、ブンデスリーガ第4節が行なわれ、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは、“昇格組”ウニオン・ベルリンとアウェーで対戦し、2-1で勝利した。

 前節のアウクスブルク戦で2ゴールをマークした大迫は、代表ウィーク明けながらも先発出場した。

 試合はいきなり動く。2分、押し込んでいたブレーメンのダフィ・クラーセンがエリア内で倒され、PKを獲得。クラーセンがこれをきっちり決め、先制する。しかし、ブンデス初挑戦のウニオン・ベルリンは12分、同じくエリア内でのハンドを主審に訴え、VAR判定によってPKを獲得し返す。早々にスコアは1-1となり、試合は振り出しに戻った。

 その後、ブレーメンは圧倒的に攻め込みながらもウニオン・ベルリンの粘り強い守備と切り替えの早いカウンターに苦しめられる。大迫自身も厳しいマークにあい、思うようなプレーができない時間帯が続いた。

 お互いにリズムを作れずに迎えた後半、53分にCKで今度はテオドール・ゲブレ・セラシェがエリア内で引き倒されて、ブレーメンにPKが与えられる。これをウニオンのGKラファ・ギキエウィチェに止められるが、その後に与えられたCKから、ニクラス・フュルクルクが押し込んだ。

 大迫は、69分にゴール前に自らシュートを放ったプレーの直後、足を引きずるしぐさを見せた。が、そのままジョシュ・サージェントと交代し、自ら歩いてベンチに戻った。

 88分には今夏に加入したレオナルド・ビッテンコートがタッチライン際で吹き飛ばされ、ウニオンのスポティッチが2枚目のイエローカードで退場処分に。90分にはブレーメンのヌリ・シャヒンも2枚目のイエローカードで退場処分となる荒れ模様に。

 アディショナルタイムは8分間与えられたが、ブレーメンはGKイジー・パブレンカを中心とした守備で乗り切り、試合はそのまま2-1で終了した。

 開幕2連敗のあとに2連勝を飾ったブレーメン。次節はホームで開幕から3連勝中のRBライプツィヒと対戦する。

 また、同時刻に行なわれていた長谷部誠、鎌田大地を擁するフランクフルトは、アウェーのアウクスブルク戦に1-2で敗れている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索