「みっともない」「アジア人でよかった」ポルト指揮官の中島翔哉への“ぶちギレ”シーンが波紋!会見では厳しい言葉を…

「みっともない」「アジア人でよかった」ポルト指揮官の中島翔哉への“ぶちギレ”シーンが波紋!会見では厳しい言葉を…


 現地時間9月15日、ポルトガル・リーグの第5節が行なわれ、ポルトがポルティモネンセを3-2で下した。ポルトの中島翔哉が72分から途中出場、ポルティモネンセの安西幸輝がスタメンでピッチに立ち、同じ東京ヴェルディユース出身の日本人対決が実現している。

 試合はポルトが2点を先行したものの、72分、77分と立て続けに失点し、同点に追いつかれる。しかし、2-2で迎えた後半アディショナルタイムに決勝点となるゴールを奪い、何とか勝点3を手にした。

 その劇的な結果と同じぐらい現地で話題を集めたのは、試合後の一幕だった。ポルトのセルジオ・コンセイソン監督がピッチ上で中島に近づき、何事か強い口調で詰め寄るような様子を見せたのだ。これを目にしたMFのオタ―ビオが割り込むようにふたりの間に入ったが、明らかに緊迫した空気が流れていた。

 試合後の会見では、コンセイソン監督に「ナカジマと何を話していたのか?」という質問が飛んだが、「あれは我々の間だけの会話だ」とはぐらかした。だが、この試合の“苦戦ぶり”を問われたポルトガル人指揮官は、厳しい言葉を発している。

「監督はベンチから試合をサポートするのが基本だが、時に自らゲームを難しくしてしまう場合がある。今日はまさにそれだ。フットボールを理解している選手だけが、私の言うことを呑み込み、体現できるようだ」

 現地紙『O jogo』はこの一件を、「コンセイソンは中島に対して何事か話しかけ、試合後に怒りを露わにした」と報じている。また、ポルトガル全国紙『A BOLA』は、「コンセイソンは試合終了のホイッスルが鳴った後、中島のもとに向かった」とこのシーンを動画付きで伝えた。

 指揮官の叱責は現地でも波紋を広げており、ファンからは様々なコメントが寄せられている。

「無意識の態度は私たちの性格を浮き彫りにする。いまポルトにふさわしいコーチはいない」
「“ビンテージ(古風)”なコンセイソン」
「リスペクトの欠如だと思う。彼が怒鳴りつけたのがアジア人でよかった。彼らはほかと異なる文化を持っている。もしアフリカ人やアメリカ人だった場合はどうなっていたか」
「リスペクトはお互いに持つべきものだ。コンセイソンの教育はすばらしい」
「ナカジマは2回もボールロストをし、ポルティモネンセの反撃を招いたんだぞ」
「コンセイソンはサッカーに精通しているかもしれないが、マネージャーとしてはひどい。それに、尊敬は恐れを意味するものではない」
「こんなのは見慣れたものだろう? 彼はとても厳しいコーチだ。今さら何を驚く?」
「俺が言いたいのはひとことだ。みっともない、ロッカールームでやれ」

 ポルトは現地時間9月19日、ヨーロッパリーグのグループステージ初戦でスイスのヤングボーイズと対戦する。中島の起用法にも注目が集まりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索