バルサ、インテル、ドルトムントが同居した「死の組」を抜け出すのは? CLグループステージ展望(E〜H組)

バルサ、インテル、ドルトムントが同居した「死の組」を抜け出すのは? CLグループステージ展望(E〜H組)


 現地時間9月17日に、いよいよ2019‐20シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)が開幕する。

 32チームが8組に分かれて戦うグループステージでは、上位2チームが決勝トーナメントに進出し、3位はヨーロッパリーグ(EL)へと回る。はたして、ラウンド・オブ16への切符を手にするのはどのチームか――。グループごとに展望した。

 第1回は、17日に第1節を戦うE〜Hの4グループを、『ワールドサッカーダイジェスト』誌(WSD)の予想とともに紹介する。

【グループF】
WSD予想
本命:バルセロナ(スペイン)
対抗:ドルトムント(ドイツ)
対抗:インテル(イタリア) 
大穴:スラビア・プラハ(チェコ)
 
 抽選直後に幹部がもはや笑うしかないリアクションを見せたとおり、12シーズンぶりの本大会に臨むスラビア・プラハはほぼノーチャンスだろう。堅守を武器に予選を通過したが、5シーズンぶりの欧州制覇を狙うバルセロナ、ブンデスリーガ優勝候補のドルトムント、ロメル・ルカクとアレクシス・サンチェスの獲得でメガクラブらしい陣容を整えたインテルと同居する“死のグループ”では草刈り場となっても致し方ない。

 ポールポジションにつけるのはやはりバルサだ。リオネル・メッシが不在ながらラ・リーガの2節と4節に5ゴールを叩き出した破壊力は圧巻で、逸材フレンキー・デヨングの加入で中盤の構成力がさらに高まりそうな期待感もある。

 この本命と初戦でぶつかるドルトムントは、マッツ・フンメルスやトルガン・アザールら複数の実力者を手中に収め、攻守に隙のない陣容を完成させた。やはりスカッドの強化に成功したインテルと戦う3〜4節が最大の山になりそうだ。バルサが突っ走るか、それとも三つ巴の争いになるか。どちらの可能性も十分にある。

第1節
9月17日(火)
インテル × スラビア・プラハ
ドルトムント × バルセロナ

第2節
10月2日(水)
スラビア・プラハ × ドルトムント
バルセロナ × インテル

第3節
10月23日(水)
スラビア・プラハ × バルセロナ
インテル × ドルトムント

第4節
11月5日(火)
バルセロナ × スラビア・プラハ
ドルトムント × インテル

第5節
11月27日(水)
スラビア・プラハ × インテル
バルセロナ × ドルトムント

第6節
12月10日(火)
ドルトムント × スラビア・プラハ
インテル × バルセロナ
 
【グループE】
WSD予想
本命:リバプール(イングランド)
対抗:ナポリ(イタリア)
伏兵:レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)
大穴:ヘンク(ベルギー)

「2強+2弱」の構図が描かれたグループ。プレミア重視の姿勢で臨んだとしても、チームの完成度で頭ひとつ抜け出す前回王者のリバプールがこのラウンドで姿を消すとは考えにくく、メガクラブと何度となく好勝負を演じてきたナポリとともに、決勝トーナメントへの切符を分け合うはずだ。

 両雄ともに継続路線による強化を推し進め、中心選手の入れ替えなどに伴う不安定要素がないのも推せるポイントだ。対照的なのはザルツブルク。ムナス・ダブールなど中軸が大量に流出し、指揮官もマルコ・ローゼからジェシー・マーシュに変わった。

 ただ、苛烈なハイプレスを武器としたハイテンポなサッカーが早くも機能し、19歳の新鋭ハーランドがゴールを量産するなど、何かを起こしそうな予感を漂わす。同じく複数の主力退団&監督変更のヘンクだけでなく、昨シーズンのELラウンド32で1勝1敗だったナポリにも怯まずに立ち向かえるだろう。この組のダークホースだ。

第1節
9月17日(火)
ナポリ × リバプール
レッドブル・ザルツブルク × ヘンク

第2節
10月2日(水)
ヘンク × ナポリ
リバプール × レッドブル・ザルツブルク

第3節
10月23日(水)
ヘンク × リバプール
レッドブル・ザルツブルク × ナポリ

第4節
11月5日(火)
ナポリ × レッドブル・ザルツブルク
リバプール × ヘンク

第5節
11月27日(水)
ヘンク × レッドブル・ザルツブルク
リバプール × ナポリ

第6節
12月10日(火)
ナポリ × ヘンク
レッドブル・ザルツブルク × リバプール
 
【グループG】
WSD予想
本命:リヨン(フランス)
対抗:RBライプツィヒ(ドイツ)
伏兵:ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア) 
大穴:ベンフィカ(ポルトガル)

 4チーム間の実力差がもっとも小さいグループだろう。

 あえて本命を挙げれば、現在ブンデスリーガで首位に立つ(3勝1分け)RBライプツィヒか。それぞれジョアン・フェリックス、タンギ・ヌドンベレが去ったベンフィカ、リヨンとは異なり、人気銘柄だったティモ・ヴェルナーを含む主軸を軒並み手元に留め、ユリアン・ナーゲルスマン新監督が早くもチームを掌握している。

 実績なら上のポルトガルとフランスの雄は、この新興クラブの勢いを止められるか。重鎮ブラニスラフ・イバノビッチを軸とした堅守を誇るゼニトも虎視眈々と突破を狙う。

第1節
9月17日(火)
リヨン × ゼニト・サンクトペテルブルク
ベンフィカ × RBライプツィヒ

第2節
10月2日(水)
ゼニト・サンクトペテルブルク × ベンフィカ
RBライプツィヒ × リヨン

第3節
10月23日(水)
RBライプツィヒ × ゼニト・サンクトペテルブルク
ベンフィカ × リヨン

第4節
11月5日(火)
ゼニト・サンクトペテルブルク × RBライプツィヒ
リヨン × ベンフィカ

第5節
11月27日(水)
ゼニト・サンクトペテルブルク × リヨン
RBライプツィヒ × ベンフィカ

第6節
12月10日(火)
ベンフィカ × ゼニト・サンクトペテルブルク
リヨン × RBライプツィヒ
 
【グループH】
WSD予想
本命:チェルシー(イングランド)
対抗:アヤックス(オランダ)
対抗:バレンシア(スペイン)
大穴:リール(フランス)
 
 ヨーロッパリーグ覇者として臨むチェルシーと昨シーズンのセミファイナリストであるアヤックスがやや優勢か。前者はエデン・アザール、後者はフレンキー・デヨングとマタイス・デリフトの流出による競争力の低下が気がかりだが、それは中軸の二コラ・ペペとチアゴ・メンデスが抜けたリールも同じ。バレンシアは得点力不足の解消がなされていない。
 
 いずれも決定打に欠ける印象で、監督力の差が明暗を分けることになるかもしれない。その点において、不安が否めないのはチェルシーだ。アヤックスで「美しく勝つ」を実践するエリク・テン・ハーグ、リールで鉄壁の守備組織を構築したクリストフ・ガルティエと比べると、新任のフランク・ランパードにはカリスマ以外に強みが見出せない。スタイルも模索中で、プレミア開幕5試合で勝点8とまだ波に乗り切れていない。戦力値では一頭地を抜くとはいえ、脱落もなくはないだろう。
 
 それはスペインの雄バレンシアも同じだ。戦術的な秩序をもたらしたマルセリーノ・ガルシア・トラル監督を開幕3試合で電撃解任し、クラブレベルでの監督経験がないアルベルト・セラーデスを招聘したフロントの判断が吉と出るか凶と出るか。

第1節
9月17日(火)
チェルシー × バレンシア
アヤックス × リール
 
第2節
10月2日(水)
バレンシア × アヤックス
リール × チェルシー
 
第3節
10月23日(水)
リール × バレンシア
アヤックス × チェルシー
 
第4節
11月5日(火)
バレンシア × リール
チェルシー × アヤックス
 
第5節
11月27日(水)
バレンシア × チェルシー
リール × アヤックス
 
第6節
12月10日(火)
アヤックス × バレンシア
チェルシー × リール

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト9月19日号』より転載・一部修正
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索