香川真司のサラゴサ、対戦相手が集団食中毒のために試合延期! スタメンも揃わない“異例”の事態に

香川真司のサラゴサ、対戦相手が集団食中毒のために試合延期! スタメンも揃わない“異例”の事態に


 スペインで異例の事態が起きた。

 現地時間9月17日、日本代表MFの香川真司が所属するレアル・サラゴサは、翌18日に行なわれる予定となっていたラ・リーガ2部第6節のフエンラブラダ戦が、「相手チームの健康上の問題」を理由に延期となったことを発表した。

 一体何があったのか。サラゴサの地元紙『Heraldo』によれば、現地時間9月15日に敵地で行なわれたルーゴ戦の遠征先で、フエンラブラダの選手やコーチ30人うち20人が食中毒による急性胃腸炎に見舞われたと報じており、現時点でプレーできるトップチームの選手が11人を切っている状態にあるようだ。

 スペイン紙『AS』によれば、17日に行なわれた午前練習に参加できたのは、たった8選手だけで、予定していたメニューを消化することができなかったという。

 そうした危機的状況に陥り、試合どころではなくなったフエンラブラダは、17日の深夜にスペイン・サッカー連盟に「今後数時間で状況が悪化する可能性がある」ことを証明する医療報告書を提出するとともに、試合の延期を申し入れ、ほどなく受理されたのだ。

 なお、代替日について、『Heraldo』は、サラゴサが現地時間9月25日に行なうことを提案していると報道。そのうえで正式な決定は今週の金曜日に下されると伝えた。

 開幕から5試合で4勝1分けと快調なスタートを切ったサラゴサ。一気に上昇気流に乗りたいところであったが、思わぬ形でストップをかけられた格好となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索