一発のパスがゴールに繋がる!Jリーグがアシスト距離ランキングを発表!1位は脅威の93.08m

一発のパスがゴールに繋がる!Jリーグがアシスト距離ランキングを発表!1位は脅威の93.08m


 Jリーグは公式HPで、様々な切り口でゴールやプレー、試合のトップ10を決める企画動画を公開しているが、9月19日にはアシストの距離ランキングトップ10を公開した。


 2008年から2019年までのJリーグの各試合の中から選ばれたベスト10は、1本のパスの“距離”を対象としたランキングとあって、10人全員がGKとなった。ゴール前への抜け出し方やシュートの形などは様々だが、自陣ゴール前からのロングパスがアシストに繋がったものばかりだ。

 アスレティック・ビルバオからチェルシーに移籍したスペイン代表のケパ・アリサバラガや、ローマからリバプールに移ったブラジル代表のアリソンなどに象徴されるように、現代サッカーではGKにも足元の技術、パス精度が要求されるようになって久しい。

 JFA(日本サッカー協会)によると、ピッチの寸法は長さ105m。ランキング1位となったキム・ジンヒョンの“アシスト”は93.08m。まさに自陣ゴール前から敵陣ゴール前までのロングパスとなった。
 
 2008年から2019年までのJリーグの各試合におけるアシスト距離のランキングは以下の通り。
 
1位 キム・ジンヒョン(2016年3月6日、セレッソ大阪) 93.08m
2位 キム・ジンヒョン(2013年11月10日、セレッソ大阪) 89.69m
3位 林卓人(2010年8月1日、ベガルタ仙台) 83.24m
4位 長谷川徹(2016年11月6日、徳島ヴォルティス) 81.66m
5位 秋元陽太(2013年11月17日、愛媛FC) 80.65m
6位 清水健太(2018年6月30日、カマタマーレ讃岐) 79.67m
7位 チョン・ソンリョン(2017年5月14日、川崎フロンターレ) 79.19m
8位 浅沼優瑠(2018年4月15日、Y.S.C.C.横浜) 78.72m
9位 曽ヶ端準(2009年8月23日、鹿島アントラーズ) 78.00m
10位 川口能活(2011年5月14日、ジュビロ磐田) 77.96m 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索