「噛みつきがなければ…」名手キャラガーが古巣リバプールの“忌まわしい記憶”を回想。全てはスアレスの蛮行で――

「噛みつきがなければ…」名手キャラガーが古巣リバプールの“忌まわしい記憶”を回想。全てはスアレスの蛮行で――


 プレミアリーグの強豪リバプールは、1989-90シーズンを最後にトップリーグ制覇から遠のいている。ビッグイヤーを14年ぶりに手中に収めた昨シーズンも、国内リーグではマンチェスター・シティとのデッドヒートの末に勝点1差で競り負けた。

 そんなレッズにとって忘れ難き1年となっているのが、13-14シーズンだ。当時のリバプールは、マンチェスター・C、チェルシー、アーセナルと終盤戦まで猛烈な優勝争いを繰り広げていたが、36節のチェルシー戦を落とすと、続く敵地でのクリスタル・パレス戦でも3-0から3点差を追いつかれてドローに終わり、24年ぶりの戴冠を逃した。

 この時に優勝を逸した原因は一体何だったのか。「もしも、彼が間違いを犯さずに試合に出ていれば、違う結果になっていた」と証言するのは、元リバプールのDFジェイミー・キャラガーだ。

 現在、英衛星放送『Sky Sports』の人気解説者となっているキャラガーが悔いたのは、当時絶対的なエースとして君臨していたルイス・スアレスの“愚行”である。

 2012-13シーズンの終盤に行なわれたチェルシー戦で、ウルグアイ代表FWは相手DFのブラニスラフ・イバノビッチの腕に噛みつく蛮行に及んでいたのだ。

 結局、スアレスには、12-13シーズン残りの4試合と翌シーズン開幕後の5試合の出場停止処分が下された。得点源を欠くことになったチームダメージは小さくなかった。

『Sky Sports』の番組内で当時のことを問われたキャラガーは、「ルイスの噛みつきには、試合中は全く気が付かなかったが、ロッカールームに戻ってからイバノビッチが噛まれたことを聞いた。本人は否定していたけどね」と明かしたうえで、チームが負った影響をこう回想した。

「あの行動の代償を翌シーズンに払うことになった。ルイスはリーグでも圧倒的なベストプレイヤーであったし、毎試合のようにゴールを決めていた。実際、開幕後のリバプールは、サウサンプトンに敗れ、スウォンジーとは引き分けて、勝点5を失ったんだ。もし、スアレスがプレーしていれば、両方とも確実に勝利したはずだよ。

 そのシーズン、ルイスがプレミアリーグ、選手、フットボール記者が選ぶ年間最優秀選手賞を総なめにし、誰もが彼がいなかったことによる代償を忘れていたけど、彼がシーズンの出だしにプレーしていれば、間違いなく結果は変わっていた」

 今もリバプール・ファンの脳裏にこびりついている忌まわしい記憶を拭い去るには、ユルゲン・クロップ監督の下で、プレミアリーグのタイトルを獲るほかないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索