リバプール、強敵とのビッグマッチを制してプレミア“15連勝”。気概を見せたチェルシーはVARに泣く

リバプール、強敵とのビッグマッチを制してプレミア“15連勝”。気概を見せたチェルシーはVARに泣く


 現地時間9月22日、プレミアリーグ第6節が行なわれ、ロンドンのスタンフォード・ブリッジで、首位リバプールと6位チェルシーが対戦した。

 今節では最注目のビッグマッチ。その序盤戦は、両軍ともに果敢にフォアチェックを仕掛け、球際では肉弾戦を演じてボールの奪い合う展開となる。

 そのなかで均衡を破ったのは、開幕5連勝と勢いに乗るリバプールだった。14分、ゴールからエリア手前の中央で獲得したFKをサラーがずらした後にアレクサンダー=アーノルドが右足一閃。この強烈なショットがゴール右上隅へと突き刺さった。

 出鼻をくじかれたチェルシーだったが、なおもアグレッシブに前に仕掛け続けると、27分にアスピリクエタがゴール前の混戦からゴールをねじ込んだが、直前のプレーでマウントがオフサイドとなっていたことがVARの末に判明。無情にも同点弾は取り消された。

 VARに救われたリバプールは、その3分後に再びセットプレーから追加点を奪取する。30分、敵エリア左脇からのFKからロバートソンが絶妙なクロスを供給。これをフリーとなっていたフィルミーノがドンピシャのヘディングで押し込んだ。

 絶妙なタイミングで得点を重ねたリバプールに対し、チェルシーは42分にCBのクリステンセンが、味方DFのトモリと接触して負傷してズマと交代。15分のエメルソンに続き、予期せぬ形で戦力を欠いて、波に乗り切れないまま、0-2で前半を終えた。

 相手の勢いを巧みに抑え込んでみせたリバプールは、後半の立ち上がりも巧者ぶりを発揮する。46分にフィルミーノが惜しいボレーシュートで相手ゴールを脅かしたのをキッカケにチェルシーを押し込んで、ワンサイド気味に試合を推し進めた。

 劣勢のチェルシーは60分を過ぎてから少しずつ押し返してペースを掴むと、71分に約1か月ぶりの戦列復帰をしていたカンテが強烈なミドルシュートを突き刺して1点差に詰め寄る。

 逃げ切りを図ろうとするリバプールにじりじりと詰め寄ったチェルシーは、87分にバチュアイ、90分にマウントが渾身のシュートを放っていったが、いずれも決めきれなかった。

 結局、試合は、土俵際で耐え凌いだリバプールが2-1で勝利。昨シーズンから続くプレミアリーグの連勝を「15」に伸ばし、首位の座をがっちりとキープした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索