「寝る前に考えてしまう」「日韓W杯でリベンジしたかった…」バッジョ、伝説のPK失敗シーンを回想

「寝る前に考えてしまう」「日韓W杯でリベンジしたかった…」バッジョ、伝説のPK失敗シーンを回想


 元イタリア代表のロベルト・バッジョといえば、1994年にアメリカで開催されたワールドカップ(W杯)の決勝、ブラジルとのPK戦で最後のキックをクロスバーの上に外した場面を思い浮かべる人が少なくないだろう。

 スコアレスのまま120分を終え、迎えたPK戦だった。後がなくなったイタリアのラストキッカーとして登場した名手バッジョがキック失敗し、腰に手を当ててうなだれる姿は、サッカーの歴史に残る1シーンだ。

 この時に味わった悔しさを、バッジョ本人は今もなお、抱えているようだ。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、2004年に現役を引退したバッジョは、当時35歳だった2002年に行なわれた日韓W杯でジョバンニ・トラパットーニ監督から招集されなかったことに「傲慢になってしまうが、自分は招集に値したと思う」と語り、次のように振り返っている。

「あの時の落胆は非常に大きかった。パサデナの時に似ていたよ。だから今の自分はサッカー界から離れて生きている。でも、当時の自分には、あの蹴り上げてしまったPKへのリベンジに対する思いが強かったんだ」

 さらにバッジョは、「人生であんな風に蹴ってしまったことは、ほかにはなかったんだ」と続けた。

「高く蹴ってしまったことはあるかもしれない。でも、あれほどクロスバーを越えてしまうことはなかった。今でもまだ、たまに寝る前にあの時のことを考えてしまうんだよ」

 そんなバッジョは、現在のサッカー界について、どう考えているのだろうか。クリスチアーノ・ロナウドやリオネル・メッシを「みんな怪物だよ」と評している。

「パウロ・ディバラも素晴らしいクオリティーの選手だ。ネイマールも面白い。あれだけの選手たちを、怪物じゃないなんて言えないさ」

 同紙のコメントの中で興味深かったのは、バニシングスプレーに関するコメントだ。フリーキックの名手だったバッジョは、当時からこの技術があれば、得点が増えていたはずと述べている。

「今のサッカーをやってみたいな。フリーキックの際に壁のところに主審がラインを引くのを見るとね。わたしだったら、どれだけのゴールを決められたことか。わたしだけじゃない。ジーコやシニシャ・ミハイロビッチなど、多くの選手たちがもっと得点していたはずだ」

 タラレバを言ってはキリがない。だが、あの勇姿を現代サッカーのように細かなルールがあるなかで、見たいと願うファンも少なくないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る