「僕はスアレスを殺そうと思った」――リバプールの主将ヘンダーソンが激白! 一体なぜなのか!?

「僕はスアレスを殺そうと思った」――リバプールの主将ヘンダーソンが激白! 一体なぜなのか!?


 レッズ(リバプールの愛称)の精神的支柱となった男の衝撃的な告白が話題を呼んでいる。

 2011年の夏にサンダーランドから鳴り物入りでリバプールに加入したジョーダン・ヘンダーソンは、チーム戦術にフィットできず、一時は当時の指揮官ブレンダン・ロジャース(現レスター監督)から事実上の戦力外通告を受けるなどスランプに陥ったが、懸命な努力でスタイルを改善。15-16シーズンからは、退団したクラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)からキャプテンの座を受け継ぎ、いまや押しも押されもしないリーダーとなった。

 昨シーズンのクラブ史上6度目のチャンピオンズ・リーグ制覇にも大きく貢献し、チーム内で人望を集めるイングランド代表MFがこの度、過去にリバプールで憎んでいた選手がいることを公表したのだ。

 そのプレーヤーとは、現在バルセロナで活躍するウルグアイ代表FWのルイス・スアレスである。

 11-12シーズンから約3シーズンに渡って苦楽をともにし、当時は唯一無二の大エースであったスアレスをヘンダーソンはなぜ憎んでいたのか? 同時期にリバプールでプレーしたレジェンドのジェイミー・キャラガーのポッドキャスト番組『The Greatest Game』で、次のように明かした。

「僕は出来る限りのことをしようと思っていた。でも、当時は若手だったから、トレーニングで、1〜2回やられたくないことをルイスにされたんだ。僕は、彼と同じチームでやっていくのにまだまだ十分じゃないと感じさせられたよ。『マジか。何をやったんだ?』ってお手上げ状態だったのさ。本当にここにいてはいけないかのようだった」

 当時のスアレスは、毎シーズンごとに得点数を伸ばし、圧巻のパフォーマンスを披露していた。それだけにレベルの違いを見せつけられ、文字通り遊ばれていたヘンダーソンは「傷ついた」ようだ。そして、こうも思ったという。

「本当にショックだった。それで彼に同じことを3回目にされた時には、さすがに僕の怒りも爆発して、ルイスを殺してやろうかと思った。少なくとも準備はできていたね(笑)」

 その後、精神的に成長したヘンダーソンは、「それ以降、僕とルイスの関係は本当に良いものだった」と語り、「彼は素晴らしい人間だったし、あの一件があってからは、とても親しくなった。彼は、僕が多くのことを学んだ偉大な選手の1人だった」と振り返った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る