アジア各国が東京オリンピックを目指して競い合うU-23アジア選手権での日本の戦いが終わりました。

 日本は開催国枠により出場は決まっていますが、他のチームにとってはここで出場権を獲得しないといけません。本気のアジアのチームに対して、日本はどこまで闘えたのか、以前行なった2試合も含め、カタール戦を中心に僕なりに考えてみました。

 今回の大会の会場は、タイ。つまり高温多湿。日本にもオリンピック開催時期は、温暖化により、東南アジアのような蒸し暑さがあります。オリンピック会場と似た環境で、どのように闘ったのか。まずは昨日終えたばかりのカタール戦を振り返ります。

 過去2戦からスタメンを数名ずつ入れ替えながら戦った日本ですが、戦術的な部分で目につくことが多くありました。カタール戦の前半アディショナルタイムには退場者も出たので、後半に関しては後で全体の考察に入れるとして、前半を分析してみます。

 ポジティブな点は、3点。

 まず1つは、自陣からのビルドアップの際、ボランチが助けに入って奪われずに相手を押し込む事が出来たこと。

 2つ目は、押し込んだ中で、サイドチェンジをすることで数的同数まで持っていき突破を図れたこと。特に相馬選手は、1対1の状況を作ってもらえれば、ほぼクロスを上げることができていました。

 3点目は、ボランチの飛び出し。田中駿太選手が裏に飛び出し、相馬選手からのパスからキーパーと1対1の場面が生まれました。

 次に、ネガティブな点を挙げてみます。

 こちらは、5点。
 
1)全体的に間延びしている時間が長い。

 前半テレビ画面にディフェンスラインが映らない状況が多くありました。またビルドアップを後ろからしている際は前線の選手が映らないという状況でした。
 
 持ち上がることはできますが、中盤、特にバイタルエリアに選手がいなくなり、FWとの繋ぎ役が押し込んだ形にならないとパスの距離が長くなってしまいます。
 
 ウイングバックも相手ウイングバックを押し込むことを意識するあまり、スペースのない状況でボールを受けることが多く、なかなか仕掛ける形にならず、バックパスが多くなっていました。また速い攻撃(カウンター含め)がなかなか出せていませんでした。

2)押し込んだ際のディフェンスラインの押し上げの甘さ。

1)にも繋がりますが、攻撃参加も中途半端になっており、サポートには入るが守備の立ち位置が明確になっていないためか、受けてもチャレンジしきれず、バックパスをする機会が増え、また逆サイドに長いボールを蹴る機会はほぼなかったです。カウンターを一度でも受けるとよりポジションバランスが悪くなっていたと思います。
3)守備時、相手DFがボールを持っている時のディフェンスラインの押し上げが出来ていない。

 この事で特に前線の3人の選手、ウイングバックの選手は毎回立ち位置が低くなってしまっていました。またボランチがバイタルエリアを消すことも意識してポジションを取っていたので、ウイングバックが3バックの横まで下がり、トップ下の2人がサイドハーフの位置まで落ちる事になっていました。

 暑さの影響でスライドが難しい、押し上げが難しいのかもしれませんが、カウンターアタックに出て行くパワーがあまり感じられず、クリアーに近い裏への抜け出しになっており、スムーズな湧き出るカウンターアタックは出せていませんでした。

4)前線の選手が相手DFに捕まり過ぎていること。

 押し込めるからと相手3バックの近くに張り付いてしまうことでマークがしやすく、チャレンジ&カバーをされていました。前線の立ち位置で△(三角形)を作るようにすれば段差をつけることでフリックやスルーなどバリエーションが増え、カタールDFのライン間にギャップが出来たはずです。

 実際それで良い形も作っていましたが、意図してやっている感じではありませんでした。

5)DF、ボランチの攻撃参加。

 ポジティブな点でも挙げましたが、飛び出した時には大きなチャンスが生まれました。
ボランチはカウンターアタックに備えることが多く、なかなか前線に飛び出すことが出来ていませんでした。

 ただ、カタールの1トップ、シャドーの1枚を見るのであれば、3バックで足りています。またシャドーが2人残ったとしても、もう片方のボランチがマークにつく、アラートに対応出来るようにしていればもう1人のボランチが前線のサポートや、ウイングバックのサポートにもっと参加出来たはずです。

 その点、3バックの両ストッパーがウイングバックのサポートをする形ばかりでどうしてもバックパスになる機会が多くなってしまいました。

 最終的にカタール戦は、退場者を出しながらも先制し、PKで追い付かれはしたものの引き分けで終わり、3試合の中では一番いい試合になったと感じました。

 では、なぜこの試合は良くなったか。

 それは、フォーメーションにあると思います。後半、退場者を出したことでフォーメーションを3-4-2-1から4-4-1に変えました。

 それによって立ち位置。カタールはマークが非常に付きにくくなりました。日本のトップ下の選手がボランチのサポートに入る際、前半は3バックでマーク出来ていましたが、中盤の低い位置に下りられるとついていけません。そのためカタールの中盤はプレスが後手になっていきました。

 
 守備時も後ろのダブついていたCBが1枚減ることで前の選手の意識が変わりました。
中盤エリアのスライドの速さ、カタールのウイングバックに出た際のプレスバックなど役割は増えましたが、スムーズに人のスライドが出てきていました。

 間延びも減りました。テレビ画面に全員(フィールドプレーヤー)が映る機会がぐっと上がりました。なぜなら10人がバラバラで伸びたままなら守れないと選手は知っているから。終盤は疲れから押し込まれるようになってしまいましたが、3試合の中でも相手に攻められた際の意思疎通を感じられる試合になったと感じました。

 以上からカタール戦の後半は、今後のヒントをいろいろと含んでいた内容になったと思います。ディフェンスラインが押し上げられないのであれば前線が戻る。日本が攻め込んでカウンターを受けそうな時でも誰がカタールの前線の選手にマークをつくのかハッキリしていました。
 
 逆に弱点も見られました。これは3試合通じての問題と共通していました

 それはCBの脆さです。たぶん、この脆さが怖くて3バックにしていると僕は思います。スライド、ラインコントロールの敏感さ、速さ、守備範囲の広さ、クロスボールへの対応の範囲。CB、中央の戦いで負けた際フォロー出来る人数が少ないのは怖い、と監督が感じているのではないでしょうか。

 ただ、3試合を通じてカウンターを受け失点した時、枚数が足りてないわけではありません。だいたい横に1人選手がいます。それならCBの枚数を減らす事で中盤エリアの攻防でより優位に進められ、CBも攻撃時、守備時共によりアラートになるはずです。

 昨日の試合までずっと3バックで戦ったのは、オリンピックでは相手が格上になると想定しているのかもしれません。ただ、そうすることで、結果として攻撃の形がなかなか出来ず、特にセンタリングからのゴール前の人の少なさは気になりました。

 ピンポイントで上げられる力をサイドの選手も持っているので、数は少ないですが毎試合チャンスは作っています。ゴール前に枚数がもっと入れるようになったり、入るポイントが整理されれば、さらに決定機に繋がると思います。

 最後に緩急をつけた攻撃。

 最初に言いましたが、夏の日本はめちゃくちゃ暑いです。攻守のメリハリ、攻撃の鋭さ、仕留める力。そして、守備の最後の粘り。ここは対策を講じていかなければなりません。

 
 次のテストマッチは3月。海外組も参戦予定の戦い。中山(雅史)さんが解説でもおっしゃってましたが、今回の大会のメンバーから実質フィールドプレーヤーでオリンピックに行けるのは5人程度。

 狭き門です。

 チーム戦術は監督に任せるしかないと思いますが、個人スキル、感覚はJリーグで意識すれば上げられるはずです。いいものがあるから代表に呼ばれるわけです。単純なパスミスやトラップミスをしない基本技術。プレースピードが上がっても耐えられる体力、頭の回転スピード。勝負勘……。

 この辺りを身につけた状況で、3月の試合では今回と違う問題点や良さを見てみたいものです。

<了>

橋本英郎

PROFILE
はしもと・ひでお/1979年5月21日生まれ、大阪府大阪市出身。ガンバ大阪の下部組織で才能を育まれ、1998年にトップ昇格。練習生からプロ契約を勝ち取り、やがて不動のボランチとして君臨、J1初制覇やアジア制覇など西野朗体制下の黄金期を支えた。府内屈指の進学校・天王寺高校から大阪市立大学に一般入試で合格し、卒業した秀才。G大阪を2011年に退団したのちは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、長野パルセイロ、東京ヴェルディでプレー。今季からJFLのFC今治に籍を置き、見事チームをJ3昇格に導く立役者のひとりとなった。日本代表はイビチャ・オシム政権下で重宝され、国際Aマッチ・15試合に出場した。現在はJリーガーとして奮闘する傍ら、サッカースクールの主宰やヨガチャリティー開催など幅広く活動中。Jリーグ通算/438試合・21得点(うちJ1は339試合・19得点)。173センチ・68キロ。血液型O型。

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの厳選フォトをチェック!