U-23アジア選手権で1勝もできずにグループリーグ敗退が決まった森保一監督率いるU-23日本代表の試合結果は、韓国でも続々と報じられている。

 前半終了間際に起こった田中碧のVAR一発退場を取り上げ、「判定のせいで日本脱落、カタールと引き分け」(ネットメディア『スポーツW』)と報じるところもあったが、「最後まで笑えなかった日本、カタールに1-1…未勝利・最下位で大会を終える」(ネットメディア『news1』)「未勝利脱落の日本、1分2敗でグループリーグ脱落」(ネットメディア『スポーツ韓国』)と淡々と伝えられている。

「日本、カタールに引き分け…1勝もできずに脱落のマンシン」(スポーツ新聞『スポーツ京郷』)と、敗退が決まったシリア戦に続き、またしても「マンシン(亡身)=恥さらし、赤っ恥」という言葉を使うメディアもあった。

 経済紙『毎日経済新聞』のネットメディアである『MKスポーツ』のカタール戦評は厳しく、「グループリーグの最終戦で傷ついたプライドを回復させようとした日本だが、それほど改善されたところはなかった。もどかしい流れが続いた。前半に主導権を握っても、それをゴールで締めくくることができなかった」と報道。記事のタイトルも「五輪金メダルプロジェクトの日本、アジアの壁すら高かった」と皮肉まじりだった。

 また、多くのメディアが日本メディアやファンの反応を詳しく伝えている。

 その見出しのタイトルだけ並べてみても、刺激的な文字が踊っている。
「未勝利不振に衝撃を受けた日本」(サッカー専門メディア『FOOTBALLIST』)
「怒り心頭の日本のサッカーファンたち、“惨敗した森保は辞任しろ”」(スポーツ芸能メディア『SPORTAL KOREA』)
「史上最強とは…日本サッカー、オリンピック6か月を前に監督交代の論乱」(一般紙『ソウル新聞』)

 スポーツ新聞『スポーツソウル』は、「日本サッカー協会、グループリーグ未勝利脱落でメンタル崩壊…バンコクで緊急会議」と、森保監督とJFA技術委員会の関塚隆委員長が緊急ミーティングを開いたことも詳しく報じている。

 記事では、「日本はオリンピック開催国で自動出場権を得ているので、今大会の結果に大きな意味はない」としつつ、「しかし、派手にオリンピック金メダルを目標に掲げた日本は、これまでコパ・アメリカ、E-1選手権などA代表の国際大会にU-23代表を派遣するなど、並みならぬ努力を傾けてきた。今大会も優勝候補に挙げられていたが、 結果は正反対だった」と予想外の結果に驚きを隠せないでいるようだった。
 
 そんな日本とは対照的に3戦全勝でグループCを首位で突破した韓国。大会直前は中国、イラン、ウズベキスタンとの対戦は「死の組」と称され緊張が走ったが、終わってみれば3戦全勝。その健闘を称えつつ、日本と同じくグループリーグ敗退に終わった中国、北朝鮮なども引き合いに出しながら、「東アジアサッカーの受難史、韓国サッカーだけ自尊心を守った」(総合ニュースサイト『OhmyNews』)と報じるメディアもあった。


 もっとも、韓国が東京五輪出場権を手にするためには、準々決勝はもちろん、準決勝でも勝つ必要がある。日本がベスト4に進出していれば、準決勝進出で五輪当確だっただけに「日本の脱落は韓国にとっても悪材料…3位以内で東京に行ける」(ニュースメディア『news1』)状態だ。日本が大会から早期離脱した今、これからは自国代表のお手並み拝見といったところだろうか。

参照元:『スポーツソウル』日本版
「JFAはメンタル崩壊状態」と韓国メディア。森保監督の進退に注目
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9107 

構成●ピッチコミュニケーションズ