セリエA公式のYouTubeが現地時間1月14日にアップした「2010年代のセリエAベストゴール集」が秀逸だ。
 
 2010〜2019年のセリエAで生まれたスーパーゴールがそれこそ目白押し。超ロングシュート、ヒールキック、ドリブル突破、オーバーヘッド、ボレーなど種類も豊富だ。
 
 好感が持てるのが、アンドレア・ピルロやズラタン・イブラヒモビッチ、ゴンサロ・イグアイン、カルロス・テベス、マイコンなどの世界的ビッグネームはもちろん、アントニオ・ディ・ナターレやクリスティアン・マッジョ、ファブリツィオ・ミッコリ、ダビデ・ディ・ミケーレなど玄人受けする選手のゴールも選出されていることだ。
 
 ネームバリューによるいわゆる“忖度”がなく、純粋にプレーの難易度で選出している印象。実際、18年夏から1年半に渡ってユベントスに所属しているクリスチアーノ・ロナウドのゴールはひとつも選出されていない。
 
 セリエAファンならずとも見逃せない必見のゴラッソ集だ。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部