現地時間1月19日、スペイン2部の第24節が行なわれ、柴崎岳が所属するデポルティボはホームに首位のカディスを迎え、1-0で勝利した。

 柴崎は前節に引き続き先発で出場。3-4-2-1のダブルボランチの一角で先発し、攻守に渡って貢献。65分には決勝点となるサビン・メリーノのゴールをアシストした。

 デポルティボは後半にカディスの猛攻に遭うが、粘り強く跳ね返した。柴崎はこぼれ球の回収やカウンターの中心となる場面など幅広い活躍で、フェルナンド・バスケス監督の起用に応えた。

 現地サポーターは、柴崎の活躍に感嘆の声を寄せている。

「この試合のガクは試合の4分の3のスペースを埋め、すべてのポジションをこなしよく動く…。なんて残忍な存在だ。彼のポジショニングの自由度が違いを生み、このアシストはゴールに値する」
「シバサキが居るところでチャンスの卵は潰されている」
「彼のことをドン・ガク・イニエスタ・シバサキと呼ぶ」
「すばらしいパスがシバサキから出た…なんて日本人…」
「約2年前、ガク・シバサキはロシアW杯で最高の選手のひとりだった。クラブレベルでそのポテンシャルは不規則でしか示されてきていないが、メリーノへのパスは彼の巨大な才能の一部に過ぎない!」
「ガクのアシストは残酷にカディスを切り裂いた。なんてゲーム」
「アリガトウゴザイマス、シバサキサン!」

 この勝利で4連勝と完全に息を吹き返したデポルティボは暫定18位に浮上。次節は現地時間26日にアウェーでアルバセーテと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部