いよいよJ1リーグの新シーズンが2月21日に幕を開ける。オリンピックイヤーとなる2020シーズンを制するのはいったいどのチームか。現役時代はベルマーレ平塚や鹿島アントラーズで主に右サイドバックとして活躍した元日本代表の名良橋晃氏に、今季の順位を予想してもらった。
 
●名良橋晃(元鹿島ほか)
 2年目を迎えるロティーナ監督の下、着実にチーム力を高めているC大阪は優勝の可能性もある。タイトルレースに絡むのは、やはり川崎と鹿島。昨季、最後まで覇権を争った横浜とFC東京、天皇杯を制した神戸は、陣容が盤石でもACLによる過密日程が足枷になるだろう。
 
●順位予想
1位:C大阪
2位:川崎
3位:鹿島
―▲ACL出場圏内―
4位:横浜
5位:FC東京
6位:神戸
7位:名古屋
8位:札幌
9位:G大阪
10位:柏
11位:浦和
12位:広島
13位:大分
14位:仙台
15位:湘南
−▼J1参入プレーオフ出場圏内−
16位:清水
−▼自動降格圏内―
17位:鳥栖
18位:横浜FC

※『サッカーダイジェスト』2月27日号(2月13日発売)では、解説者10名、ライター10名、本誌記者によるJ1・J2リーグ順位予想を掲載。その他、J1・J2全40チームのスタメン大予想など、新シーズン開幕へ向けた特集企画を掲載しています。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部