クラッキを復帰させるためにバルセロナは、多少の“痛み”は致し方ないと考えているのかもしれない。

 現在、バルセロナが今夏の移籍市場で、“執心”していると言われているのが、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールである。今から約2年半前に史上最高額となる2億2200万ユーロ(約288億6000万円)で、電撃売却していたセレソンのエースを再び買い戻そうというのだ。

 このメガディールは、昨夏にも契約書に本人がサインするところまで至ったが、最終的にトレード要員の一人だったウスマンヌ・デンベレがパリSG移籍を拒否(残るイバン・ラキティッチ、ジャン=クレア・トディボは同意していた)し、破談に終わっていた。

 しかし、バルサの大黒柱であるリオネル・メッシが、ネイマール獲得を促すようなコメントを公の場でするなど、チーム内でも復帰を望む声は多いとされ、何より本人が古巣復帰の強い意志を固めていると言われている。

 そのため、今夏もバルサはネイマール獲得を計画しているが、一筋縄ではいかないのが、ビッグネームの取引だ。米メディア『ESPN』が報じたところによると、パリSGはフランス代表FWキリアン・エムバペへのオファーを受け付けない代わりに、ネイマールを売りに出す方針を固めながらも、その値段を1億5000万ユーロ(約187億円)に設定したという。

 このパリSGの態度を受け、バルサは、現有戦力の売却益を獲得予算に回そうと考えているようだ。そのうえで、スペイン人ジャーナリストのギエム・バラゲ氏は、英紙『Express』で、昨夏に獲得したフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンが放出候補だと推測した。

「周知の通り、バルセロナは前々からネイマールを求めているが、彼らにそれを実現するだけの十分な資金はない。だからグリエーズマンやフィリペ・コウチーニョの売却の可能性はあると私は考えている。あくまでもバルサの最優先事項はネイマール獲得であり、グリエーズマンやコウチーニョの売却は経済面でもプラスになる」

 バルサは、現在のチームでもトップクラスの高額なサラリーを払っているグリエーズマンとコウチーニョを売却することで、ネイマール獲得のための資金繰りだけでなく、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)にも準じた交渉が可能になると見ているようだ。

 果たして、バルサのネイマール再獲得計画は、どのような決着を見ることになるのだろうか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部