試合が延期となり、退屈なサッカーファンを連日のように楽しませているのが、FC琉球の小野伸二だ。

 3月19日に、クラブの公式ツイッターが公開した「ボールが足に吸い付くようなトラップ」が話題となり、3月20日には、自身のインスタグラムで初心者向けに“リフティング始め方講座”を投稿した。

 そして、22日に自らアップしたのは、練習後の一コマ。チームメイトとボールをバーに当てるゲームをしているのだが、最後に蹴った小野が、トゥキックでふわりと浮かせたシュートを、見事にバーに直撃させているのだ。
 
 40歳の元日本代表MFは、「バー当て(ゴールの上の部分)。まぁ1回で当てちゃうよねー」と綴っており、どうやら一発で仕留めたようだ。

 このさすがとしか言いようがない技術の高さに、ファンからは次のようなコメントが続々と寄せられている。

「柔らかすぎ!」
「天才や!」
「うめー」
「さすがです」
「あえてトゥー」
「一人だけJ1レベル!」
「やっぱ、うまいなぁ…」
「風が強いのに当てる技術」
「トゥキックで狙うセンスさすが」
「現場で見てました〜神!」

 次はどんなテクニックで魅了してくれるのか。ファンも楽しみにしていることだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「さすがのセンス」小野伸二がバー当てゲームで披露したトゥキックはこちら!